マルエツがウーバーイーツでの配達開始、MV東海は名古屋市内13店舗に拡大

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

マルエツがウーバーイーツでの配達を開始
マルエツは5月末までに東京都内の27店舗に順次配達サービスを広げていく

 マルエツは4月26日から、東京都内の2店舗で料理宅配サービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」を利用した配達サービスを始めた。実施店舗を順次拡大し、5月末までに都内27店舗でサービスを展開する予定だ。

 26日にサービスを開始したのは、「マルエツ勝どき六丁目店」(中央区)と「マルエツプチ新大塚店」(豊島区)の2店舗。5月11日から27日にかけて実施店舗を増やしていく。

 マルエツの店舗で取り扱っている生鮮食品や総菜、飲料、調味料、日用品など約1500品目をウーバーイーツのウェブサイトやアプリから注文できる。注文してから平均30分程度で商品が届く。

 一方、マックスバリュ東海ではウーバーイーツによる配達サービスを名古屋市内の13店舗で新たに導入する。同社では2020年に名古屋市内でウーバーイーツの配達サービスを開始。名古屋市内の3店舗と静岡県内の2店舗で実施してきたが、4月22日に「マックスバリュ代官店」(東区)で新たに導入。4月下旬から7月中旬にかけて同市内の12店舗で順次導入していく。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media