記事タイトルバナー
 ニトリホールディングスは12月8日、東京都足立区梅島に「ニトリ環七梅島店」と、「食品館イトーヨーカドー」との初の複合商業施設「ニトリ梅島ショッピングセンター」
 ケーヨーは、生活提案型ストア「iite(イイテ) BY D2」の展開を開始した。11月23日、千葉県船橋市の「ケーヨーデイツー船橋坪井店」を業態転換し、1号店
 経済産業省が発表した商業動態統計速報によると、ホームセンターの10月の売上高は2740億円(前年同月比0.4%減)だった。店舗数は4243店(1.5%増)。
 大塚家具は、リユース品の取り扱いとアウトレット&リユース業態を拡大する。10月15日に開設したアウトレット品とリユース品を販売する新業態店「IDC OTSUK
 ダイユー・リックホールディングスは11月17日、ペット事業に特化した新会社を設立すると発表した。連結子会社のダイユーエイトとリックコーポレーションが運営するペ
 経済産業省が発表した、9月に申請のあった大規模小売店舗立地法に伴う新設届出、43件だった。その内、主なホームセンター、スーパーセンターは以下の3件。(表記順:
 「サイクルベースあさひ」を展開するあさひは、OpenStreetとソフトバンクと、自転車シェアリングサービス事業において事業提携を結んだ。あさひは、OpenS
 オートバックスセブンは11月3日、群馬県館林市に「オートバックス館林諏訪町店」をオープンした。セルフガソリンスタンドを中心に、タイヤなどのカー用品の販売、車検
 ニトリは12月1日、新宿「タカシマヤタイムズスクエア」南館1階~5階に、新宿エリアとして初の店舗「ニトリ新宿タカシマヤタイムズスクエア店」をオープンする。従来
 ミスターマックスは、第2四半期決算を受けて、2017年2月期の業績を修正した。既存店売上高を前期比で3.5%増を計画していたが、4月に発生した熊本地震による建
 ジョイフル本田の2017年6月期第1四半期決算(7~9月)は、売上高374億円(前年同期比4.0%減)、営業利益12億円(25.2%減)となった。そのうち、ホ
 バローホールディングスが発表した2017年3月期第2四半期決算によると、ホームセンター事業の営業収益は248億円(前年同期比3.4%増)、営業利益は12億円(
 ナフコの2017年3月期第2四半期決算(4~9月)は、売上高1192億円(前年同期比1.6%増)、営業利益57億円(3.8%増)となった。部門別では、「資材・
 LIXILグループが11月7日に発表した2017年3月期第2四半期決算によると、流通・小売事業の売上高は872億円(前年同期比11.7%減)、事業利益48億5
 大塚家具は、9月8日~10月16日までの買取り・下取りキャンペーンに1万6586件の査定申し込みがあったと発表した。9月8日にリユース事業の本格始動を発表し、
 観光庁によると、7~9月の訪日外国人旅行消費額は9717億円と、前年同期比2.9%減)に減少したと発表した。訪日外国人旅行者数は626万人で17.1%増加した
 国内最大規模の総合免税店型店舗を展開するラオックス(15年12月期売上高926億円)が発表した9月の売上高は、前年同期比55%減となった。レジ通過数は15万9
 オートバックスは、17年3月期の業績予想を下方修正した。売上高は、当初予想から82億円下振れする2067億円、営業利益は28億円下振れする52億円とした。上期
 エンチョーの4~9月の売上高は、199億円(前年同期比4.1%減)となった。売上高は前年同期を下回ったものの、販売管理費は、店舗照明のLED化や電力需給先の見
 PLANTは、2017年9月期から21年9月期までの5年間を対象とする中期経営計画を策定した。数値目標として、売上高は1100億円、店舗数は31店舗(営業休止