記事タイトルバナー
 スタートトゥデイは4月19日、同社が運営するファッションEC(電子商取引)サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」で、アマゾンジャパンの決済サービス「Amaz
 アマゾンジャパンは4月18日、有料のAmazonプライム会員向け即日配送サービス「プライムナウ」で百貨店やドラッグストアで人気の商品の取り扱いを始めた。
 セブン-イレブン・ジャパンの全国約1万9000店舗が4月14日からスマートフォンの人気ゲームアプリ「Pokemon GO」に登場する拠点「ポケストップ」に設定
 ヤマト運輸とディー・エヌ・エー(DeNA)は4月17日、神奈川県藤沢市の一部地域で顧客が望む場所と時間に宅配便の荷物を受け取ることができるサービス「ロボネコデ
 イオンは4月から、プライベートブランドの「トップバリュ」の値下げ品目を増やす。また、傘下のイオンリテールではナショナルブランド(NB)商品の一部についても、定
 ファーストリテイリング傘下のジーユーは、無線自動識別(RFID)機能を備える電子タグを活用したセルフレジの本格導入を始める。8月末までに全店舗の約半数に当たる
 ローソンは4月7日、ニチレイフーズ関西工場(大阪府高槻市)で製造した「からあげクン 北海道チーズ味」の一部商品にビニール片が混入している可能性があるとして、当
 米アマゾン・ドットコムは、バーコードを見せて決済する電子マネー「Amazon Cash」の運用を米国内で始めた。
 ビックカメラは4月7日、東京都内の大型店2店舗で仮想通貨ビットコインによる決済サービスを始める。ビットコインの取引所を運営するビットフライヤー(東京都港区)と
 東日本旅客鉄道(JR東日本)は2017年12月から、「アトレ」「グランデュオ」など駅ビルの商業施設で運用している「JREポイント」と電子マネー「Suica(ス
 日本マクドナルドは大型バーガーを8年ぶりに刷新し、「グラン」シリーズ3品を4月5日から定番商品として販売を始めた。これに伴い、「クォーターパウンダー」の販売は
 米アマゾン・ドットコムは従業員向けの実験施設として、生鮮を含む食品と日用品の受け取り拠点「AmazonFresh Pickup(アマゾンフレッシュピックアップ
 イオンモールは3月28日から同社が運営する全国30ヵ所のショッピングセンター(SC)で、ミズノの子供向け運動プログラムの開催を始めた。1985年頃をピークに子
 セブン-イレブン・ジャパンでは4月19日から日用品61品目の価格を引き下げる。住居・洗濯用洗剤や紙製品、オーラルケア用品など消耗頻度の高いナショナルブランド商
 西友は3月28日から、米国産「牛ばらカルビ焼肉用」を100グラム当たり197円(税別)の低価格で常時販売し始めた。米国産牛ばらカルビは焼肉店や牛丼店など外食チ
 全国農業協同組合連合会(JA全農)は4月から食材セットと食品・日用品の総合宅配事業を佐賀県で始める。県下一円を対象に初年度で15億円の取扱高を目指す。順次、他
 ファミリーマートは4月4日以降、全国の「ファミリーマート」「サークルK」「サンクス」の計約1万8000店舗にガーデニング売り場を設置、関連用品約20種類を販売
 日本マクドナルドは全店でクレジットカード決済ができるようにするほか、利用できる電子マネーの種類を増やす。海外ではファーストフード店でもカード決済が普及しており
 ライフコーポレーションは2018年春から全店で共通ポイントサービスの「Ponta(ポンタ)」と「dポイント」が利用できるようにする。同社は首都圏と近畿圏の一部
 イオンはランドセルの通年販売を始める。ランドセルは祖父母が購入するケースが増えており、ランドセル商戦も夏のお盆の時期からゴールデンウイークへと早期化する傾向に