記事タイトルバナー
 ヨドバシカメラは7月14日、JR大阪駅直結の商業施設「ヨドバシ梅田」(大阪市北区)の1階に、インターネットで注文した商品の受け取り専用ショップを開設した。同施
 硬貨・紙幣処理機大手のグローリーは、兵庫県姫路市の本社に自社で開発した商品受け取り用のロッカーを設置、イオンリテールのイオン姫路大津店が運営する「イオンネット
 セブン&アイ・ホールディングスとNECは8月から、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)の充電サービスの支払いに、電子マネー「nanaco(ナ
 ファミリーマートは店舗で使える共通ポイントサービスを「Tポイント」に一本化する。8月1日から「サークルK」「サンクス」でTポイントを導入、これに伴い「楽天スー
 食品スーパー大手のライフコーポレーション(大阪市)は、宅配便ロッカーを全店舗に設置する。第1弾として7月10日、「東砂店」(東京都江東区)など首都圏の10店舗
 ローソンは7月3日、オフィス内での無人販売サービス「プチローソン」を東京都内の6つの会社で始めた。    セルフレジと専用什器をオフィス
 眼鏡専門店のメガネスーパー(神奈川県小田原市)は7月10日、仮想通貨「ビットコイン」による決済サービスを全334店舗で導入する。    
 牛丼店チェーン大手の吉野家は7月3日、糖分が気になる人向けの「サラシア牛丼」を全店で発売する。    インドやスリランカなどに分布する植
 スウェーデン発の家具専門店イケア・ジャパン(千葉県船橋市)は6月27日、「IKEA仙台」(仙台市)、「IKEA鶴浜」(大阪市)、「IKEA神戸」(神戸市)の3
 アマゾンジャパン(東京都目黒区)は6月28日、食品や日用品を簡単に注文できるボタン型の無線端末「Amazon Dash Button(アマゾンダッシュボタン)
 そごう・西武は6月27日、西武池袋本店やそごう横浜店など6店舗の化粧品売り場で、中国で最も普及している電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」を導入した。百貨店
 ファミリーマートは6月27日、店頭で販売している食品を利用して加盟店スタッフが糖質制限に挑戦する企画を始めた。ファミマの業務提携先であるフィットネスクラブ運営
 日本マクドナルドは6月29日、米配車アプリ大手ウーバーテクノロジーズの食品宅配サービス「UberEATS(ウーバーイーツ)」でハンバーガーなどの商品を注文でき
 アマゾンジャパンは6月21日、注文してから1時間以内に商品が届く会員向けサービス「Prime Now(プライムナウ)」の対象エリアを拡大、武蔵野市や三鷹市など
 ネットプロテクションズ(東京都中央区)は6月21日、インターネット通販で購入した商品の代金を翌月まとめてコンビニエンスストアで支払いできる決済サービス「ato
 セブン&アイ・フードシステムズは6月20日からファミリーレストラン「デニーズ」で雨の日限定メニューの販売を始めた。7月末までの期間限定で、梅雨の時期に雨で客足
 アマゾンジャパンは今年4月から始めた生鮮食品や日用品などの宅配サービス「アマゾンフレッシュ」の配送対象エリアを拡大した。サービス開始当初は東京都の港区、千代田
 ローソンは決済サービスのOrigami(オリガミ、東京都港区)と業務提携することで合意した。オリガミが提供するスマートフォン(スマホ)決済サービス「オリガミペ
 イオン子会社のフェリカポケットマーケティング(東京都港区)は、非接触ICを使って、カードを読み取り機にかざすだけで仮想通貨ビットコインによる支払いができる決済
 コープみらい社会活動財団(さいたま市)は2018年4月から、コープみらい(同)の組合員の子供を対象とした奨学金給付事業を始める。経済的負担が大きいひとり親世帯