記事タイトルバナー
6月中旬、東京都内のホテルで、医薬品ボランタリーチェーンの草分けといわれるAJD(オールジャパンドラッグ)の創立40周年記念大会が開かれた。 会場には、AJDの
 日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は、去る6月18日、帝国ホテルにおいて大韓商工会議所流通物流振興院ならびに韓国便宜店(コンビニエンスストア)協会と
「今使っている化粧品は本当に私の肌に合っているのだろうか?」「もっとぴったりの化粧品があれば、是非使ってみたい」  そんな女性たちのホンネをすくい上げて、ブ
 サッポロドラッグストアー(北海道札幌市、富山睦浩社長)は、ヘルス&ビューティケア(H&BC)の専門店を展開する韓国のCJ olive young株式会社(韓国
 国内の大半にブロードバンドインフラが整い、各種IT機器の価格も下落してきた今日。小売、流通業界においても、システムの進歩には目覚ましいものがある。たとえば、4
 ドラッグストア(DgS)とコンビニエンスストア(CVS)の提携後の具体的な動きが活発化してきた。  関西エリアでDgSを展開するイオングループのタキヤ(
“美は、健康があってこそ成り立つもの”という内外美容の大切さは生活者の間に浸透しつつある。ヘルス&ビューティケアの売場でもビューティをサポートするカテゴリーと
 プロジェクトがいよいよスタートだ。2009年12月に業務提携したココカラファインホールディングス(東京都大田区、塚本厚志社長/以下、ココカラファイン)とサーク
イオンのドラッグ事業が大きな動きを見せる。ショッピングセンター(SC)ではクリニック併設による医療モール展開を拡大するほか、在宅医療の受け皿となる医療ネットワー
 ネイル先進国の米国では、ネイル市場が1兆円規模といわれており、それには及ばないものの、日本でもサロンや物販を含めてネイル市場は2000億円市場に育ってきている
 競争が激化するDgS業界では、各社とも常連客をつかむために、さまざまな工夫を行っている。その軸となるのは、業態特性を生かした「相談機能」となるが、各社とも差別
 ココカラファインホールディングス(東京都大田区、塚本厚志社長、以下ココカラファイン)とサークルKサンクス(愛知県稲沢市、中村元彦社長)が、昨年末の差し迫った1
 子どもの肌は実は大人よりも乾燥していると指摘するのは、ベビースキンケアの分野で120年の歴史を持ち、ベビーのスキンケアの大切さを啓蒙してきた、ジョンソン・エン
 グロスや口紅、アイシャドウの色をいつもと変えてみるだけで、女性の顔の印象はぐっと違って見えるもの。「今日は唇の色をベージュ系にして少し大人っぽい雰囲気にしよう
 6月1日からスタートした改正薬事法だが、開始から1ヵ月あまりが経過し、新規参入組を含めたOTC販売の動向が徐々に明らかになってきた。
DgSの企業再編が最終局面へ向けて動き出したようだ。改正薬事法施行のタイミングに合わせるかのように、6月に入り、中堅DgS企業の経営統合が発表された。
 医療用品の卸各社が決算を発表している。メーカーとの直接取引が増加するなかで、商品提案や開発、店頭プロモーションなど高付加価値の機能 を強化する取り組みが目立つ