記事タイトルバナー
最近、幾人かの消費財メーカーの方から、「デジタルメディア」の活用事例についてお問合せを受けている。 ここで言う「デジタルメディア」とは、インターネットでの
今消費財メーカーと流通業の中では、コンシューマー グッズ フォーラム(CGF)という団体が関心を集めている。 CGFは、流通業と消費財メーカーが集まって作った
 52週販促カレンダーは全国共通版そのままではチラシ企画に使えない。地域によって気候風土や暦行事の内容・時期が異なり、季節商品やその投入タイミングが違ってくるか
 52週販促チラシの企画の際に不安になるのが「ここが売り時」の重点商品の抜け落ちである。企画の重点商品は過去のチラシから確認し、取りこぼしを防ぐことができる。
最終回となる第6回は、1978年の販売開始より27年を経て販売中止になるも、2010年3月、5年ぶりに復刻リニューアル。その後、目標の2倍を超える好調な売れ行き
第5回は、2009年2月発売当初の販売計画300万ケースを大幅に更新、日本食糧新聞社 第28回食品ヒット大賞・優秀ヒット賞にも受賞した、アサヒビールの缶チューハ
魚総菜については、杉生さんのように鮮魚経験者が幹部にいたからこそできた。専門知識と経験を持った方がいるからこそ、意思決定や方針が打ち出せると感じるのですが……。
第4回は、2010年2月の発売から1カ月で、年間販売目標100万ケースの半分を達成、順調な立ち上がりを見せているキリンビバレッジの新商品『キリン 午後の紅茶 エ
第3回は、日本食糧新聞社「第28回優秀ヒット賞」受賞、年間売上目標10億円を2.5倍上回る見込みでヒットしている赤城乳業のカップアイス『デッカルチェ』を取り上げ
第2回は、日経トレンディの「2009ヒット商品ベスト30」にもランクインした森永乳業の人気商品『まきばの空』を取り上げる。
第1回は、当初目標2億円の4倍ペースで売れている、カゴメのヒット商品『甘熟トマト鍋 鍋用スープ』を取り上げる。
連載企画「今後のPB」。第4回目は現在欧州で活躍するPBコンサルタントKoen De Yong氏が登場。欧州プライベートブランド(以下PBとする)市場の変遷をヒ
 総菜をつくっているところを見せるというお話が出ましたが、実際MDを考えたとき、メーカーがつくっている商品を持ってきて置く場合もあれば、工場でつくったものをばら
ランドロームジャパンは、千葉県の八街地区、茨城県の竜ヶ崎地区、そして北総エリアを核にドミナント戦略を展開し、いまや店舗数は14(千葉10店/茨城4店)。今期内に
資本金5億円、従業員数300人(パート・アルバイト含む)の株式会社ホクノーは、札幌市厚別区に6店舗のSMを展開。環境条件が厳しさを増すなか、地域の活性化に力を注
成城石井は、世界から選りすぐられた高品質商品を品揃えするSMで、感度の高い消費者層をターゲットに都市部のターミナル駅の駅ビルを中心に多店舗展開している。2008
SM, GMSが消費者との関係をより密接に築くにはどうすべきか。この課題に対してネットスーパーは大きな役割を果たしそうだ。つまり実店舗での販売は大衆向けであるの
 売れ筋は“生活防衛”一色。小売業は消耗戦を戦っている。一方で、豊かさを内包した不安の時代に、これからのマーチャンダイジングをどう考える
関西スーパーマーケットが、2009年10月21日よりサービスを開始した。全国的にネットスーパーの熱波が広がっているのは確実だが、一方でお客さまの本音はどうだろう
10月1日にサービスを開始した株式会社東急ストア(本社:東京都目黒区)をはじめ、ネットスーパー業界に新規参入が続いている。その勢いはとどまる気配がなく、ますます