記事タイトルバナー
第1回は、当初目標2億円の4倍ペースで売れている、カゴメのヒット商品『甘熟トマト鍋 鍋用スープ』を取り上げる。
連載企画「今後のPB」。第4回目は現在欧州で活躍するPBコンサルタントKoen De Yong氏が登場。欧州プライベートブランド(以下PBとする)市場の変遷をヒ
 総菜をつくっているところを見せるというお話が出ましたが、実際MDを考えたとき、メーカーがつくっている商品を持ってきて置く場合もあれば、工場でつくったものをばら
ランドロームジャパンは、千葉県の八街地区、茨城県の竜ヶ崎地区、そして北総エリアを核にドミナント戦略を展開し、いまや店舗数は14(千葉10店/茨城4店)。今期内に
資本金5億円、従業員数300人(パート・アルバイト含む)の株式会社ホクノーは、札幌市厚別区に6店舗のSMを展開。環境条件が厳しさを増すなか、地域の活性化に力を注
成城石井は、世界から選りすぐられた高品質商品を品揃えするSMで、感度の高い消費者層をターゲットに都市部のターミナル駅の駅ビルを中心に多店舗展開している。2008
SM, GMSが消費者との関係をより密接に築くにはどうすべきか。この課題に対してネットスーパーは大きな役割を果たしそうだ。つまり実店舗での販売は大衆向けであるの
 売れ筋は“生活防衛”一色。小売業は消耗戦を戦っている。一方で、豊かさを内包した不安の時代に、これからのマーチャンダイジングをどう考える
関西スーパーマーケットが、2009年10月21日よりサービスを開始した。全国的にネットスーパーの熱波が広がっているのは確実だが、一方でお客さまの本音はどうだろう
10月1日にサービスを開始した株式会社東急ストア(本社:東京都目黒区)をはじめ、ネットスーパー業界に新規参入が続いている。その勢いはとどまる気配がなく、ますます
PB開発展(http://www.jma.or.jp/pb)がPBの今後の展開を予想する連載企画『今後のPB』第2回。株式会社クイーンズ伊勢丹 取締役 マーチャ
全国で都道府県内の利用者比率が最も高いSM, GMSは、香川県内で65 店舗を展開しているマルナカである。県内の86.5%に利用され、独占状態ともいえるほど、同
日本食研(愛媛県今治市)の新商品『野菜炒め作り』のテレビCMで、大橋のぞみさんが、インパクトのある歌詞で歌ったこのCMを記憶している人もいるだろう。子供の本音を
名古屋を中心とする中部圏に「アピタ」「ピアゴ」を主力に展開するユニー株式会社。同社では2006年10月より、クックパッドの「大絶賛レシピカード」を全店舗に販売促
今年1月に発表されたビール大手5社の08年のビールの出荷量は2億5612万ケースで、前年比6.5%ダウン。09年も出荷量の減少が見込まれているが、「キリン一番搾
株式会社イトーヨーカ堂(本社:東京都千代田区)は、IYネットスーパーを展開し、爆発的な勢いで展開エリアを拡大している。しかも驚くべきことに、IYネットスーパーを
連日新聞紙上でPB(プライベート・ブランド)の文字を見ない日はない。前回連載で触れたとおり、消費者の低価格志向が追い風となっているPB市場であるが、景気回復後も
近年、疲労回復や高めの血圧を下げるなどの効果が期待できる食品として注目を集めている「お酢」。しかし食酢市場はここ5年間横ばい傾向にあり、将来にわたって市場全体を
戦前から日本の食卓で愛されてきた魚肉ソーセージ。1972年の約18万トンをピークに減産傾向にあったがBSE(牛海綿状脳症)や、鳥インフルエンザなど畜肉を巡る社会
消費者の生活防衛意識の高まりを受け、家庭で調理し食事する機会が増えている。そんな状況の中、食品売り場で食品を手に取りながらも、それをどうやって加工し、食卓にのせ