記事タイトルバナー
日本でも大型店舗にて、セルフチェックアウトレジを見かけるようになってきた。アメリカやヨーロッパでは、それ以前から導入が進んでおり、大型店だけでなく、小型店にも導
Tescoの2010/11年度の決算が発表になった。この結果について、新CEOのPhilip Clarke氏は、「厳しい環境の中で、力強い結果を出せた。新しいマ
2011年4月5〜6日、ベルギーの首都ブリュッセルでECR(Efficient Consumer Resonse)ヨーロッパの2011年の年次大会が開かれた。1
この度の東日本大震災により、多くの方々が亡くなられ、また被災されました。 心より哀悼の意を捧げます。 私のような直接被災地を支援する技を持たない者が、今すべき
先日ヨーロッパの流通業と消費財メーカーの団体であるECRヨーロッパが、「The Impact and Control of Shrinkage at Self-
前回、テスコの東南アジア6カ国での活動を見てみたが、今回はその中でもテスコにとって韓国と中国市場での活動に焦点をあててみたい。 韓国 テスコとしての
店舗売上実績と予測値の比較    この回で予測する店舗や必要な情報については、商業統計他の公にされているデータ類を利用しています。あくまでも実際の
テスコは11月21日から23日の間で、「Tesco in Asia 2010」という投資家やアナリスト向けのイベントを韓国と中国で開催した。これは同社のアジア事
 4回目の連載では、前回3回目で準備したデータ類(情報)をどのように利用していくかについて説明していきます。精度の高い売上予測モデルを構築するためには4つの大き
10月末にイギリスとフランスの小売業を視察する機会があった。市場調査を行ったわけではないので網羅性や客観性は不十分だが、実体験に基づくレポートということでご容赦
 2010年11月26日 

第3回 売上予測の準備

 3回目の連載では、売上予測ツール「商品名:SMART(スマート)」を活用するために必要なデータ類(情報等)と売上精度を上げるために必要なデータ類(情報等)につ
 2回目の連載では、私が開発した売上予測ツール「商品名:SMART(スマート)」の詳細に入る前に、一般的な売上予測における目的に応じた予測手法のメリット、デメリ
先月の連載は、9月9日にイギリスでリリースされた、テスコのネットスーパー(Tesco.com)用のiPhoneアプリ、Tesco Groceriesを紹介した。
 この連載では、「当たらない」と言われている「売上予測モデル」について、この度、私が開発した売上予測ツール「商品名:SMART(スマート)」によってどのように「
 本連載の最終回である今回は、各チェーンのチラシの変化を紹介しつつ、社会やライフスタイルとともにチラシの位置づけ・役割がどのように変容してゆくのかを総括したい。
9月9日、イギリスの小売業テスコが、iPhoneやアンドロイド携帯などのスマートフォン用アプリケーションを、イギリスにて配布し始めた。これは「Tesco Gro
チラシ掲載商品は、集客を目的とした「目玉商品」、特売時に売りを作る「お買い得品」、チラシ全体に値ごろ感を与える「指標商品」などに分かれる。これらチラシ商品の役割
最近、幾人かの消費財メーカーの方から、「デジタルメディア」の活用事例についてお問合せを受けている。 ここで言う「デジタルメディア」とは、インターネットでの
今消費財メーカーと流通業の中では、コンシューマー グッズ フォーラム(CGF)という団体が関心を集めている。 CGFは、流通業と消費財メーカーが集まって作った
 52週販促カレンダーは全国共通版そのままではチラシ企画に使えない。地域によって気候風土や暦行事の内容・時期が異なり、季節商品やその投入タイミングが違ってくるか