記事タイトルバナー
テスコは11月21日から23日の間で、「Tesco in Asia 2010」という投資家やアナリスト向けのイベントを韓国と中国で開催した。これは同社のアジア事
 4回目の連載では、前回3回目で準備したデータ類(情報)をどのように利用していくかについて説明していきます。精度の高い売上予測モデルを構築するためには4つの大き
10月末にイギリスとフランスの小売業を視察する機会があった。市場調査を行ったわけではないので網羅性や客観性は不十分だが、実体験に基づくレポートということでご容赦
 2010年11月26日 

第3回 売上予測の準備

 3回目の連載では、売上予測ツール「商品名:SMART(スマート)」を活用するために必要なデータ類(情報等)と売上精度を上げるために必要なデータ類(情報等)につ
 2回目の連載では、私が開発した売上予測ツール「商品名:SMART(スマート)」の詳細に入る前に、一般的な売上予測における目的に応じた予測手法のメリット、デメリ
先月の連載は、9月9日にイギリスでリリースされた、テスコのネットスーパー(Tesco.com)用のiPhoneアプリ、Tesco Groceriesを紹介した。
 この連載では、「当たらない」と言われている「売上予測モデル」について、この度、私が開発した売上予測ツール「商品名:SMART(スマート)」によってどのように「
 本連載の最終回である今回は、各チェーンのチラシの変化を紹介しつつ、社会やライフスタイルとともにチラシの位置づけ・役割がどのように変容してゆくのかを総括したい。
9月9日、イギリスの小売業テスコが、iPhoneやアンドロイド携帯などのスマートフォン用アプリケーションを、イギリスにて配布し始めた。これは「Tesco Gro
チラシ掲載商品は、集客を目的とした「目玉商品」、特売時に売りを作る「お買い得品」、チラシ全体に値ごろ感を与える「指標商品」などに分かれる。これらチラシ商品の役割
最近、幾人かの消費財メーカーの方から、「デジタルメディア」の活用事例についてお問合せを受けている。 ここで言う「デジタルメディア」とは、インターネットでの
今消費財メーカーと流通業の中では、コンシューマー グッズ フォーラム(CGF)という団体が関心を集めている。 CGFは、流通業と消費財メーカーが集まって作った
 52週販促カレンダーは全国共通版そのままではチラシ企画に使えない。地域によって気候風土や暦行事の内容・時期が異なり、季節商品やその投入タイミングが違ってくるか
 52週販促チラシの企画の際に不安になるのが「ここが売り時」の重点商品の抜け落ちである。企画の重点商品は過去のチラシから確認し、取りこぼしを防ぐことができる。
最終回となる第6回は、1978年の販売開始より27年を経て販売中止になるも、2010年3月、5年ぶりに復刻リニューアル。その後、目標の2倍を超える好調な売れ行き
第5回は、2009年2月発売当初の販売計画300万ケースを大幅に更新、日本食糧新聞社 第28回食品ヒット大賞・優秀ヒット賞にも受賞した、アサヒビールの缶チューハ
魚総菜については、杉生さんのように鮮魚経験者が幹部にいたからこそできた。専門知識と経験を持った方がいるからこそ、意思決定や方針が打ち出せると感じるのですが……。
第4回は、2010年2月の発売から1カ月で、年間販売目標100万ケースの半分を達成、順調な立ち上がりを見せているキリンビバレッジの新商品『キリン 午後の紅茶 エ
第3回は、日本食糧新聞社「第28回優秀ヒット賞」受賞、年間売上目標10億円を2.5倍上回る見込みでヒットしている赤城乳業のカップアイス『デッカルチェ』を取り上げ
第2回は、日経トレンディの「2009ヒット商品ベスト30」にもランクインした森永乳業の人気商品『まきばの空』を取り上げる。