記事タイトルバナー
中国、四国エリアで事業展開するフジ(愛媛県)は、2013年2月期を初年度とする新中期経営計画をスタートさせた。商勢圏では少子高齢化が進行する中、「中四国くらし密
過去の常識にとらわれないイノベーション(革新)と「ユーザーイン発想」のものづくりによる需要と市場の創造によって大躍進を遂げているのがアイリスオーヤマ(宮城県)。
群馬県や栃木県、埼玉県に46店舗の食品スーパー(SM)を展開するフレッセイ(群馬県/植木威行社長)。2011年9月に持株会社体制へ移行し、フレッセイホールディン
首都圏に食品スーパー(SM)を展開するエコス(東京都/平邦雄社長)。子会社にたいらや(栃木県/村上篤三郎社長)とマスダ(茨城県/髙野國男(たかの・
山梨県を地盤に食品スーパー(SM)を展開するオギノ(山梨県/荻野寛二社長)。2008年からの3年間で、同社の商勢圏内には17店の競合店の出店があった。競争環境が
スマートフォンやソーシャルメディアなど新しいデジタルツールが飛躍的に活用されるようになったことで、小売業は「リセットの時」を迎えた。従来の商習慣やマーケティング
「革新は辺境から」──。北の大地から食品スーパー(SM)の変革に挑むアークス。ユニバース(青森県/三浦紘一社長)との経営統合で誕生した“新生アークス
ダイエー(東京都)が今期、新規出店を加速させている。今年9月に都市型食品スーパー(SM)の「フーディアム」を、東京都と大阪府にそれぞれ出店。ディスカウントストア
イオン(千葉県/岡田元也社長)グループの一員として、関西、中・四国エリアで店舗展開するマックスバリュ西日本。この10月に本社を兵庫県から広島県へ移転し、強い店舗
弁当と宅配事業に続き、1990年には小売事業に参入して、成長を続けるオーシャンシステム(新潟県/樋口勤社長)。食品スーパー(SM)の「チャレンジャー」を新潟県内
スケールメリットを生かしたローコストオペレーションや、強大なバイイングパワーを持つ大手チェーンが台頭する今、小規模小売業が生き残るためには何が必要なのか。長年に
2011年6月20日に西友(東京都)の最高経営責任者(CEO)に就任したスティーブ・デイカス氏(ウォルマート・ジャパン・ホールディングスCEO)。東日本大震災後
岡山県を拠点に広島県、香川県で店舗展開する天満屋ストア。ここ数年、とくに中国エリアではディスカウンターの台頭などにより苦戦を強いられている。それに対し、店舗の作
東日本大震災の影響を受けたものの、2012年3月期は堅調なスタートを切った原信ナルスホールディングス。商品政策(MD)において昨年から「ニューコンセプトパート2
コープさっぽろは2011年3月期、コープこうべ(兵庫県/櫻井啓吉理事長)の供給高(民間企業の売上高に相当)を抜いて初めて全国の生協のトップに立った。競争環境が厳
出生率が低迷し、子ども関連市場が縮小する。その中でもシェアを拡大しているのが、米玩具チェーン大手、トイザラスだ。業績低迷に悩んだ2005年に投資グループが買収。
東武ストア(東京都/宮内正敬社長)の2011年2月期連結業績は、売上高811億6300万円(対前期比0.4%減)、営業利益8億3400万円(同40.1%減)、経
3月11日の東日本大震災の発生から1週間後、ヤオコー(埼玉県)の川野清巳社長は各店舗に「提案型の売場に戻せ」と指示を出した。内食傾向が強まる中で、お客は食卓に変
3ヵ年にわたる中期経営計画「change-i」へ取り組むイズミヤ(大阪府)。店舗や業務などの改革に力を入れてきたが、最終年度の今年はそれらを企業の競争力というか
今期(2012年2月期)、創業100周年の節目を迎えるユニー(愛知県)の業績が持ち直してきた。前期は「原点回帰」をテーマに活性化策を実施、今期はこれからの100