記事タイトルバナー
1917年に設立されたキッコーマン(千葉県)は、「おいしい記憶をつくりたい。」をコーポレート・スローガンに掲げる。長い歴史に培われてきた「伝統」と、常に時代を洞
イオン(千葉県/岡田元也社長)グループの近隣型ショッピングセンター(NSC)の開発を担うイオンタウン(千葉県)。同社はグループの食品スーパー(SM)やディスカウ
大阪府を拠点に、奈良県、京都府で食品スーパー(SM)を展開する近畿日本鉄道(近鉄)グループの近商ストア(堀田正樹社長)。かつて、経営不振に苦しんだ時期もあったが
コストコ ホールセール ジャパン(神奈川県)が出店を加速している。2020年までに50店態勢をめざす計画だ。販売管理費と値入れ率を低く抑え、高品質の商品をできる
首都圏で食品スーパー(SM)「クイーンズ伊勢丹」を展開する、三越伊勢丹フードサービス(東京都)。同社は2011年、三越伊勢丹ホールディングス(東京都/大西洋社長
成城石井(神奈川県)はわずか2店舗の時代から、自社で貿易部門や食品工場を持ち、他社にないオリジナル商品で差別化を図ってきた。店舗数は2013年10月1日現在、1
首都圏に食品スーパー(SM)を展開するサミット(東京都/田尻一社長)は2013年、創業50周年を迎えた。1963年、米国型の本格的なSMの1号店を日本に初出店し
2013年2月期に売上高が対前期比2.8%増の1649億円、営業利益が同23.6%減の35億円と増収減益となったマックスバリュ東海(静岡県)。前期は6店舗を出店
滋賀県を拠点に近畿、北陸、東海圏で事業展開する平和堂(夏原平和社長)。近年、商勢圏各地で競争が激化し、経営環境は厳しさが増している。同社は今春、農業事業進出で「
今年10月にフレッセイホールディングス(群馬県/植木威行社長)と経営統合することを発表した原信ナルスホールディングス(新潟県/原和彦社長)。経営統合により、売上
出店を加速し規模拡大を図るバローがめざすのは、規模拡大を収益の最大化に結びつけられる経営だ。そのために、物流センターの整備や製造小売化など、次代を見据えた基盤づ
首都圏で食品スーパーを展開するマルエツ(東京都)の2013年2月期連結業績は、営業収益3156億8900万円(対前期比2.3%減)、営業利益20億200万円(同
ここ数年、新たな店づくりによって、変貌を遂げつつある大創産業。来店客の評判も上々で、改装によって大きく売上高を伸ばす店が増えている。同社は今後、どのような成長戦
少子高齢化で人口が減少する今後、国内の消費市場は縮小していく。そうした中でも、強い企業は事業規模を拡大し、生き残る──。こうした現象をアークス(北海道)の横山清
共同仕入機構のCGCグループは2013年度に創立40周年を迎えた。企業数は228社(13年4月現在)、グループ年商総額4兆2658億円に達した。大手小売グループ
世界最大の小売業ウォルマート傘下の西友(東京都)が、じわりと日本市場での存在感を増している。2012年は主要食品1300品目について平均8%値下げ。さらにはグロ
13年2月期にはとくに既存店の改装に力を入れてきた東急ストア(東京都)。その効果もあり、既存店の売上高は徐々に回復の兆しを見せている。須田氏は、12年3月に急逝
インターネットを通じて食品の販売を手掛けるオイシックス(東京都)は3月13日、東証マザーズに新規株式上場する。2000年の創業から順調に売上を伸ばし、12年3月
登録制卸売店を展開するメトロ キャッシュ アンド キャリー ジャパン(東京都)。独流通大手メトロの日本法人として、2012年に創業10周年という節目を迎えた。店
2012年度を初年度とする3カ年の中期経営計画「CAP-I」(キャップ アイ)を推進するイズミヤ(大阪府)。計画の主眼は、損益分岐点を引き下げ、成長に向けた基盤