記事タイトルバナー
香川県に本社を置き、四国4県に食品スーパー(SM)141店舗を展開するマルナカ(中山明憲社長)。同社は2011年11月にイオン(千葉県/岡田元也社長)の子会社と
九州全県で食品スーパー(SM)を展開するマックスバリュ九州(福岡県)。業態を超えた厳しい競争が繰り広げられる九州マーケットにあり、積極的な出店策のほか、M&A(
「業務スーパー」をフランチャイズ(FC)方式で展開する神戸物産(兵庫県)。「日本最大の6次産業」を標榜し農産、水産、畜産といった分野へも積極的に進出。流通の川上
2014年2月1日、ウォルマート・ストアーズの新CEO(最高経営責任者)にダグ・マクミロンが就任した。就任時の年齢は47歳。創業者のサム・ウォルトンを除けば、ウ
逆風吹き荒れる環境のなか、食品卸各社の改革が始まった。何をめざし、どのように変わるか。改革の成否が企業の存続を左右する──食品卸各社はそのような改革競争のただな
インターネット通販最大手のアマゾン ジャパン(東京都/ジャスパー・チャン社長:以下、アマゾン)は7月29日、小売業や通信販売専業企業のプライベートブランド(PB
西友(東京都/スティーブ・デイカスCEO〈最高経営責任者〉)は2013年6月、それまでの「西友ネットスーパー」から、ネットスーパーとEC(ネット通販)を融合した
食品スーパー(SM)業界では合従連衡の動きが加速している。厳しい競争環境のなかで中小SMが大手と差別化を図り、強みを見出すことはできるのか。エコス(東京都/平邦
衣料品専門店チェーン大手のしまむら(埼玉県)が苦戦している。2014年2月期連結業績は、売上高が対前期比2.2%増の5018億円、営業利益が同8.1%減の418
衣料品、雑貨などのインターネット販売を手がける夢展望(大阪府/岡隆宏社長)。自社で商品開発するSPA(製造小売)型企業で近年、業績を伸ばし注目を集めている。昨年
「大きくて強い者ではなく、変化に対応できた者が生き残った」──ヨークベニマル(福島県)の大髙善興(おおたか・ぜんこう)社長は、小売業界の動向をダーウィンの進化論
イオン(千葉県/岡田元也社長)の傘下で、北海道において食品スーパー(SM)を展開するマックスバリュ北海道(出戸信成社長)。同社は2014年2月期、実に17期ぶり
2013年、セルバ(山梨県/桑原孝正社長)との経営統合により発足したさえきセルバホールディングス(東京都/佐伯行彦社長:以下、さえきセルバHD)は14年度、売上
今年9月、アークスグループに新たな企業が加わる。岩手県を地盤とするローカルチェーンのベルグループ(遠藤須美夫社長)だ。アークスは2011年10月にユニバース(青
西友(東京都)のスティーブ・デイカスCEO(最高経営責任者)は「ウォルマートが日本から撤退するのではないかと懐疑的な目で見られたのが、まるで前世のことのようだ」
ダイエー(東京都/村井正平社長)が1979年に設立し、現在はハードディスカウントストア(以下、HDS)を展開するビッグ・エー(東京都)。同社は2014年度を「第
大地を守る会(千葉県/藤田和芳社長)は、有機・契約栽培野菜などの宅配事業を手がける注目企業だ。業績は堅調。2013年3月期の売上高132億1400万円、14年3
セブン-イレブン・ジャパン(東京都/井阪〓一(いさか・りゅういち)社長:以下、セブン-イレブン)の子会社で、「セブン-イレブンのお食事お届けサービス」の運営を手
2013年2月、純粋持ち株会社に移行して、ほぼ1年が経ったユニーグループ・ホールディングス(愛知県/前村哲路会長)。傘下の事業会社で、総合スーパー(GMS)、食
山形県を地盤に店舗を展開するヤマザワ(板垣宮雄社長)。消費市場が縮小に向かう中にあっても、ライバルの出店は衰えない。これに対抗するため、ヤマザワもここ数年、出店