記事タイトルバナー
イオンペット(千葉県)は「動物と人間の幸せな共生社会の実現」を企業理念に掲げ、ペット関連商品(生体除く)の販売やトリミング、動物病院、ペットホテル、しつけ教室、
食品スーパー(SM)のマルエツ(東京都/上田真社長)、カスミ(茨城県/藤田元宏社長)、マックスバリュ関東(東京都/後藤清忠社長)の共同持ち株会社、ユナイテッド・
イオンモール(千葉県)の業績が好調だ。2011年2月期以降、経常最高益を更新し続けている。140カ所(14年度末)のショッピングセンター(SC)を運営し、日本の
東急ストア(東京都)の既存店が好調だ。既存店売上高は、2014年の増税の反動があった4月を除けば、2年以上、前年同月をクリアしている。須田清社長は、同社を率いて
西友(東京都)の業績が好調だ。同社によると、2014年度の既存店売上高は対前年度比4.3%増、営業利益は同25%増で、6年連続増収増益を達成した。店舗だけでなく
3月3日からの4日間、千葉県千葉市の幕張メッセにて「FOODEX JAPAN 2015」が開催される。1976年に始まったこの食品・飲料の専門展示会は、今回で4
100円ショップを展開するキャンドゥ(東京都)は、会社設立20周年の2013年11月期から「第二の創業」をテーマに、さまざまな改革に着手している。直近14年11
独自の食品スーパー(SM)フォーマット「高質食品専門館」で、店舗網を着実に拡大する阪食(大阪府/河村隆一社長)。常に「進化」を掲げ、新たな店づくりへのチャレンジ
テレビショッピングを主体とした通信販売業を展開するQVCジャパン(千葉県)は、ジュエリーや衣料品、ヘルス&ビューティケア(H&BC)、食品など常時2万4000ア
香川県に本社を置き、四国4県に食品スーパー(SM)141店舗を展開するマルナカ(中山明憲社長)。同社は2011年11月にイオン(千葉県/岡田元也社長)の子会社と
九州全県で食品スーパー(SM)を展開するマックスバリュ九州(福岡県)。業態を超えた厳しい競争が繰り広げられる九州マーケットにあり、積極的な出店策のほか、M&A(
「業務スーパー」をフランチャイズ(FC)方式で展開する神戸物産(兵庫県)。「日本最大の6次産業」を標榜し農産、水産、畜産といった分野へも積極的に進出。流通の川上
2014年2月1日、ウォルマート・ストアーズの新CEO(最高経営責任者)にダグ・マクミロンが就任した。就任時の年齢は47歳。創業者のサム・ウォルトンを除けば、ウ
逆風吹き荒れる環境のなか、食品卸各社の改革が始まった。何をめざし、どのように変わるか。改革の成否が企業の存続を左右する──食品卸各社はそのような改革競争のただな
インターネット通販最大手のアマゾン ジャパン(東京都/ジャスパー・チャン社長:以下、アマゾン)は7月29日、小売業や通信販売専業企業のプライベートブランド(PB
西友(東京都/スティーブ・デイカスCEO〈最高経営責任者〉)は2013年6月、それまでの「西友ネットスーパー」から、ネットスーパーとEC(ネット通販)を融合した
食品スーパー(SM)業界では合従連衡の動きが加速している。厳しい競争環境のなかで中小SMが大手と差別化を図り、強みを見出すことはできるのか。エコス(東京都/平邦
衣料品専門店チェーン大手のしまむら(埼玉県)が苦戦している。2014年2月期連結業績は、売上高が対前期比2.2%増の5018億円、営業利益が同8.1%減の418
衣料品、雑貨などのインターネット販売を手がける夢展望(大阪府/岡隆宏社長)。自社で商品開発するSPA(製造小売)型企業で近年、業績を伸ばし注目を集めている。昨年
「大きくて強い者ではなく、変化に対応できた者が生き残った」──ヨークベニマル(福島県)の大髙善興(おおたか・ぜんこう)社長は、小売業界の動向をダーウィンの進化論