ホーム   フラッシュニュース    経営 
記事タイトルバナー
2017年8月7日

【セブン&アイ】
そごう神戸店・西武高槻店売却でH2Oと契約結ぶ

 セブン&アイ・ホールディングスは8月3日、傘下のそごう・西武が運営する関西の2店舗をエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングに譲渡する契約を結んだ。両社は5月に2店舗の譲渡について基本合意していた。契約に基づき、10月1日付けで「そごう神戸店」(神戸市)と「西武高槻店」(大阪府高槻市)をH2Oに譲渡する。

 

 2店舗の土地と建物をセブン&アイの完全子会社の神高管理(東京都千代田区)に承継したうえで、神高管理の全株式をH2Oに譲り渡す。

 

 H2Oは2店舗を取得後、当面は現在の屋号で百貨店としての営業を続ける。

 

フラッシュニュース〈経営〉

DRM online 関連記事

Special topics