この1年で最大規模のオーケー平塚店オープン  地域色を打ち出す新たなMDとは

「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 大宮弓絵
Pocket

 オーケー(神奈川県/二宮涼太郎社長)は3月16日、神奈川県平塚市に「オーケー平塚店」(以下、平塚店)をオープンした。売場面積は約620坪とここ1年のなかでは最大規模の店舗だ。広い売場を生かし、これまであまり見られなかった地域性を打ち出す商品政策(MD)に挑戦している。

 

■3月16日にオープンした「オーケー平塚店」。2階にはフィットネスジムや音楽教室もテナントとして入る
3月16日にオープンした「オーケー平塚店」。2階にはフィットネスジムや音楽教室もテナントとして入る

売場面積600坪超
より地域に密着した店へ

 平塚店がオープンしたのは、JR東海道本線「平塚」駅から北西約700m。平塚市の「見附台周辺地区整備事業」の一環で開発された、2階建て施設の1階部分にテナント出店している。

 オーケーは国道16号線の内側への出店を基本戦略しているが、平塚店はその外側でかつ同社のなかでも南西エリアへの出店となる。二宮涼太郎社長は「平塚市は実は30年ほど前に出店していたことのあるオーケーにとってゆかりのある地。売場面積は600坪超と、ここ最近の出店のなかでは大型の店であり、そのぶん提案力を高めて地域のお客さまに支持していただける店にしたい」と話す。

 平塚店の最大の特徴は、青果と鮮魚部門において地域商品を充実させている点だ。「基本的に店舗を標準化しているオーケーだが、品揃えの面では今後、店ごとに地域商品を充実させて地域により密着した店づくりをしていきたい」(二宮社長)として、店舗間競争が激化するなか地域に根差した店舗運営に力を入れる方針を示している。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media