クロワッサンに生ハムメロン? 横浜市初出店「ヤオコー横浜磯子店」にみる総菜開発の幅広さ

松尾 友幸 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

何かと忙しい現代、総菜は簡便性・即食性の高さからニーズが高まっている。コロナ禍1年目は不調だったものの、2年目以降は徐々に売上が回復しており、食品スーパー(SM)各社にとって、集客の重要な要素であることは間違いない。ヤオコー(埼玉県/川野澄人社長)も総菜に力を入れるSMの1つで、メーンターゲットのヤングファミリー層を中心に幅広い消費者から支持される総菜を開発している。本稿では、2022712日にオープンした最新店舗「ヤオコー横浜磯子店」(神奈川県横浜市:以下、横浜磯子店)から、ヤオコーの総菜の幅広さをみていく。

ヤオコー横浜磯子店

ヤオコー名物おはぎをコーナー化

 平年より1カ月ほど早く梅雨明けした2022年の夏。湿度が高く蒸し暑い気候のなか、横浜磯子店はオープンした。JR根岸線「磯子」駅からほど近く、少し先には根岸湾が広がる。玩具店「トイザらス・ベビーザらス磯子店」跡地への出店だ。

 ヤオコーの横浜市出店は横浜磯子店が初。同店ではまずヤオコーの認知度を高めるため、商品政策(MD)では同社ならではの定番商品を中心に品揃えする。

 総菜売場でもその戦略に沿って、ヤオコー総菜の定番商品が多く並んでいる。そのなかでも注力しているのがヤオコー名物のおはぎだ。既存店でも長年販売しており、ファンも少なくない。横浜磯子店ではおはぎを大きくコーナー化し、定番の粒あんのほか、ずんだやきな粉などの味を199円(以下、本体価格)で展開。「粒あん・ずんだ」「粒あん・きな粉」などの2個入りセットも198円で販売するほか、さらに新商品として、いちご大福と粒あんおはぎを3個ずつ入れた詰め合わせも販売開始。SKUを増やして品揃えの幅を広げている。

ヤオコー名物おはぎといちご大福のセット
ヤオコー名物おはぎといちご大福のセット

 

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media