イオンスタイルの至近、イトーヨーカドー跡地に出店! ヤングファミリーをねらい撃つ、「ヤオコーふじみ野大原店」をレポート

2021/07/22 05:59
小野貴之(ダイヤモンド・チェーンストア編集部)
Pocket

ヤオコー(埼玉県/川野澄人社長)は7月21日、埼玉県ふじみ野市に「ヤオコーふじみ野大原店」(以下、ふじみ野大原店)をオープンした。今期では早くも5店舗目となる出店で、これにより同社の総店舗数は174店舗(ヤオコー単体)となっている。総合スーパー(GMS)の「イトーヨーカドー上福岡東店」の跡地、昨年オープンしたばかりのGMS「イオンスタイルふじみ野」の至近に出店した同店ではどのような売場づくりをしているのか。

ヤオコーふじみ野大原店の外観。テニススクールがテナントに入るため、ユニークな形状となっている。店舗奥側の隣接地では大型マンションの建築が進む

昨年開業の「イオンスタイル」の至近に出店!

 ヤオコーが7月21日にオープンした「ふじみ野大原店」は、東武鉄道東上本線「上福岡」駅東口から歩いて約12分、直線距離で約950mの場所にある。2019年8月に閉店したGMS「イトーヨーカドー上福岡東店」の跡地に出店した店舗で、ドラッグストアとテニススクール、クリ-ニング店などがテナントに入る。「ふじみ野市役所」と道路を挟んでほぼ真向かいに立地し、目と鼻の先には20年11月開業のGMS「イオンスタイルふじみ野」がある。

 ふじみ野大原店の周辺は、自社店舗が多数あるヤオコーのドミナントエリアだ。「上福岡」駅前に「上福岡西口店」(埼玉県ふじみ野市)があるほか、約1.6km離れて「上福岡駒林店」(同)、約1.8kmの場所には同じく21年7月にオープンしたばかりの「川越藤間店」(埼玉県川越市)、約2.7kmまで離れるとヤオコーの大型旗艦店「川越南古谷店」(同)もある。ふじみ野大原の出店により、東武東上線沿線、川越市~ふじみ野市間のドミナントを深耕する構えだ。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media