リオン・ドールが仕掛ける冷凍食品特化の新業態  「日常使い」促す売場をレポート

2021/08/16 05:57
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 大宮弓絵
Pocket

 福島県を中心に食品スーパーを約70店展開するリオン・ドールコーポレーション(福島県/小池信介社長:以下、リオン・ドール)が冷凍食品を中心に扱う新業態を出店した。新型コロナウイルス(コロナ)感染拡大下で、冷凍食品の需要が拡大したことを受けて開発に乗り出し、いっそうの消費を促す提案に挑戦している。その売場づくりと品揃えを写真を多数使用しレポートする。

福島県会津若松市にオープンした1号店「「みんなの業務用スーパーリンクス年貢店」
福島県会津若松市にオープンした1号店「「みんなの業務用スーパーリンクス年貢店」

すでに2号店も出店
冷凍食品で新しい買物体験を

 新業態の名は「みんなの業務用スーパー  Lynx(リンクス)」。5月31日、福島県会津若松市に1号店の「年貢店」を、その後6月28日には福島県西白河郡矢吹町に2号店の「矢吹店」を開業し、すでに2店を展開する。

 リンクスは店舗コンセプトに「冷凍だから、描ける未来がある。Power of Frozen」を掲げる。具体的には、保存性に優れた良質な冷凍食品をエブリデー・ロープライス(EDLP)で販売。そうすることで、節約の観点から家計に、またフードロスの観点から地球環境にも優しく、さらには新しい買物体験を提供できる店をめざしている。

内装にはオレンジをアクセントに使用。明るい空間演出で、若い世代の来店を促す
内装にはオレンジをアクセントに使用。明るい空間演出で、若い世代の来店を促す

 「みんなの業務用スーパー」を名前に冠するリンクスだが、業務用のような大容量商品を扱いつつも、あくまで主ターゲットは一般の消費者であり、かつ日常的に来店してもらえる店をめざしているのが特徴だ。そのため、店づくりでは新たな客層を取り込み、また来店頻度を高めるためのさまざまな工夫が見られる。

 1号店の「年貢店」の売場を見ると、まず目に入るのがオレンジ色をアクセントに使用した、明るい内装だ。店舗周辺は高齢者が多い一方で、共働きの若い世代を中心に人口が増加傾向にある。洗練された雰囲気の店づくりにより若い世代の来店を促したい考えだ。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media