‟超”拡大する冷凍食品市場 食卓の異変と冷食の進化、小売業の新しい売場づくりとは

湯浅 大輝 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

冷凍食品大

冷凍食品市場“超”拡大!

 これまで冷凍食品になじみがなかった層が手を伸ばすようになり、「ヘビーユーザー」が増加した──。日本冷凍食品協会広報部長の三浦佳子氏は、コロナ禍における市販用冷凍食品の顧客動向をこのように分析する。実際に、それを裏付けるデータがある。同協会が2022年2月に実施した「“冷凍食品の利用状況”実態調査」(全国の男女1250人が対象)では、「冷凍食品を月1回以上利用する」と答えた人は対18年比で22年は約6.6%増えている。また、「冷凍食品の利用頻度が1年前より増えた」と答えた人も約22%いる。

 より多くの消費者が冷凍食品を購入するにつれて、冷凍食品の市場規模も拡大している。富士経済グループによると、21年の市販用冷凍食品の販売額(見込み)は1兆684億円と、20年から約2%伸長している。コロナ前の19年と比較すれば、約8.5%成長しているのだ。

 なぜ、冷凍食品はこれほどまでに成長しているのか。約40年間市場を調査してきた冷凍食品ジャーナリストの山本純子氏は「お客の『冷凍食品=おいしくない』というバイアスがなくなってきた」とその理由を説明する。コロナ禍で在宅時間が伸長し、保存性の高い冷凍食品を買う消費者が増えたのと同時に、その利便性やコストパフォーマンスの高さについての認知が広まった。さらに、冷凍弁当や冷凍ミールキット、冷凍スイーツなどこれまでメジャーではなかったカテゴリーについても、メーカーの技術改良もあり、消費者は「おいしく、簡単に調理できる」ことにあらためて気づいたのである。

 その結果、冷凍食品の食シーンも広がっている。これまでは「弁当用おかず」が冷凍食品の主軸だったが、現在は主食、おかず、デザート、おつまみと、食シーンが多様化しているのだ。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media