塗料市場、「巣ごもり需要」で市場活性化!定着につながる楽しさ訴求を強化

「ダイヤモンド・チェーンストア」編集部 上明戸聡
Pocket

塗料市場が活性化している。とくに家庭用塗料については、新型コロナの影響で、自宅で過ごす時間が増えたことで、ペイントをはじめとするDIYを行う人々が増えているからだ。こうしたユーザーの中には、初めて塗料を手に取る層も少なくないとみられる。“ステイホーム”をより快適なものにするために、自由になった時間を有意義に使おうとするニーズが高まっている。今後、こうしたユーザー層をいかに定着させていくかが課題といえそうだ。

Case Study ジョイフル本田富里店(千葉県富里市)

「キシラデコール」50周年キャンペーンと連動して定番売場を催事化

ジョイフル本田富里店
ジョイフル本田富里店

 ジョイフル本田富里店は、1995年オープンの高い集客力を持つ大型店だ。普段から一般客のほか、農家やプロの職人の来店も多く、業務用商品へのニーズも高い。また最近では近隣で事業を行う外国人客も多く、割合が高まる傾向にある。

 塗料については、屋外木部用塗料として圧倒的な知名度を持つ大阪ガスケミカルの「キシラデコール」の発売50周年記念のキャンペーンを活用し、これと連動するかたちで積極的な売場づくりを行っている。

株式会社ジョイフル本田店舗運営部富里エリア館長 竹内浩志氏
株式会社ジョイフル本田店舗運営部富里エリア館長 竹内浩志氏

 株式会社ジョイフル本田店舗運営部富里エリア館長の竹内浩志氏は、その狙いについて次のようにいう。

 「もともと『キシラデコール』は木部保護用の塗料としては、業務用として長い実績があり、プロからの評価も高い商品です。もちろん、DIYを行う一般ユーザー層にもよく知られています。色の種類が多くて選びやすい点や、とくに耐久性などの性能面でユーザーからの信頼性が高いため、従来から力を入れてきた商品です。今期はその発売50周年に当たるということから販促の提案をいただき、プロモーションスペースをつくり、キャンペーンと連動した訴求を行っています」。

 2021年に日本発売50周年を迎えた「キシラデコール」。71年の発売当初はドイツ産の製品を輸入販売していたが、日本の気候や風土に合わせた製品をめざして国内での研究・開発が進められ、現在ではすべて国内生産されている。

キシラデコール
幅広いラインアップを取り揃える「キシラデコール」シリーズ

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media