ドンキ、シンガポールに食品スーパー型店舗、チャンギ国際空港には焼きいも店も

2019/04/22 10:30
ダイヤモンド・リテイルメディア社

スクウェア2_シンガポール
商業施設「スクウェア2」に食品特化型の「ドンドンドンキ」を出店する

 ディスカウントストアのドン・キホーテなどを傘下に持つパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(HD)は5月8日、シンガポールの商業施設「スクウェア2」内に食品スーパー型の店舗をオープンする。

 店舗名は「DONDONDONKI(ドンドンドンキ)スクウェア2」で、売場面積は約792平方メートル。スクウェア2は地下1階・地上4階建ての商業施設で、ドンドンドンキは地下1階に出店する。周辺には日本人駐在員が多く住んでいるほか、地下鉄の駅に直結していることから、食品を中心に日常生活ニーズの高い商品に特化した店舗とする。生鮮3品と総菜、加工食品のほか、酒なども取り扱う。営業時間は午前8時から深夜0時。

 また、5月1日にはシンガポールのチャンギ国際空港のターミナル内に、焼きいもや日本製の菓子に特化した小型店「ドンドンドンキ スイートポテトファクトリー」を出店する。

 パンパシHDは2017年12月にシンガポール1号店を繁華街にある商業施設「オーチャードセントラル」に出店した。その後、2カ所の商業施設にも出店、店舗名は「ドンドンドンキ」で統一している。

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media