2019年度のホームセンター業界、売上高トップはカインズに 4.7%増の4410億円

2020/06/03 11:31
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

カインズ外観
カインズの20年2月期の売上高が、これまでホームセンター業界でトップだったDCMホールディングスを上回り、業界トップに躍り出た。

 カインズが、ホームページ上で発表した2020年2月期の売上高は4410億円だった。前年同期比からは196億円上積みし、4.7%増となった。これまでホームセンター業界でトップだったDCMホールディングス(DCMHD)の20年2月期の営業収益は4373億円だったため、カインズが売上高で業界トップに躍り出たことになる。

 ただし、DCMグループには売上規模で1000億円強のケーヨーがあり、グループ全体では5376億円の売上高となる。ケーヨーはDCMのマーチャンダイジングの導入で、収益構造の改革を進めており、目処が立った段階で子会社となることも予想される。両社は2016年4月に経営統合を発表したが、その後、資本業務提携を結ぶことで、ケーヨーがDCMHDの持分法適用関連会社となっている。

 ホームセンターの2019年度の売上高ランキングの速報は以下の通り。

2019年度ホームセンター売上高ランキング 単位:百万円、%
順位 会社名 決算月 売上高
19年度 18年度 HD=ホールディング 百万円 増減率
1 2 カインズ 2月 441,000 4.7
2 1 DCM HD 2月 430,000 -2.0
3 4 コーナン商事 2月 360,013 12.7
4 3 コメリ 3月 337,326 0.7
5 5 ナフコ 3月 217,753 -2.5
6 6 LIXILビバ 3月 188,506 4.2
7 8 島忠 2019年8月 139,980 -0.2
8 12 アレンザHD 2月 134,260 68.3
9 7 ジョイフル本田 6月予想 121,100 1.7
10 9 ケーヨー 2月 107,628 -6.3
11 10 東急ハンズ 3月 96,600 -0.8
12 11 ロイヤルホームセンター 3月 95,200 6.1

 18年度のランキングは「ダイヤモンド・ホームセンター2019年8月15日号」に準じている。

 上場会社には、決算概要で営業収益を発表しているところもあるが、損益計算書の売上高を採用した。

 ジョイフル本田は、今年3月に非連結決算に移行したことに伴い、20年6月期の売上高予想を1211億円(前年同期比1.7%増)と発表している。ただしこれには、吸収したリフォーム事業、クラフト事業の第3四半期までの数値が加算されず、また非連結子会社となったアスレティッククラブとタイヤセンターの通期業績も入らないため、連結決算だった前年度の業績(1534億円)とは単純に比較はできない。上記掲載の前年度増減率は個別決算での比較。ちなみに、第2四半期決算での連結通期業績予想は1476億円としている。

 島忠は、2019年8月期決算を採用。非上場会社のロイヤルホームセンターは、同社の「2020年度会社案内パンフレット」から採用した。

 ランキングの詳細は、「ダイヤモンド・ホームセンター2020年8月15日号」で掲載予定。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media