激安総菜とPBに強み 値上げ時代に集客力高める大黒天物産の強さの秘密とは

解説・文:矢野清嗣
Pocket

価格戦略大

複数のディスカウントストア(DS)業態を有する大黒天物産(岡山県/大賀昭司社長)。同社のフォーマットにはどのような特徴があるのか。地盤とする岡山市内の店舗を調査し、各業態の特徴や価格戦略を紐解いていく。
調査日:2022年10月8~10日(本文中の価格は特記がない限り調査日の本体価格)

PBの幅広さが強み

 大黒天物産は、本拠とする岡山県をはじめ、中部地方から九州地方にかけて194店舗を展開する、売上高2241億円(ともに2022年5月期末時点)のDS企業だ。

 同社は6つの業態を有している。旗艦フォーマットは、飲食店やドラッグストアなどとともに近隣型ショッピングセンター(NSC)を形成し、「複合型メガディスカウントランド」を標榜する大型業態「ラ・ムー」。また、店舗面積1000~1500㎡程度の「ディオ」、郊外や中小規模の商圏に対応する「ザ・大黒天」、駅前などに出店するコンビニエンスストア(CVS)型の「ら・む~マート」を中心に商圏や店舗規模に応じて出店している。本稿での調査対象はこの4業態だが、そのほかディオより小商圏に対応した「ディオマート」が2店舗、100円ショップとコラボした「バリュー100」が1店舗ある。

 まずは各業態に共通する部分について見ていきたい。その1つが、ダンボールを開封してそのまま売場に並べる「ボックス陳列」だ。ローコスト運営を強みとするDSでは見慣れた手法だが、大黒天物産ではその規模が大きく、とくに大型店では迫力ある売場を構築している。ふだん一般的な食品スーパー(SM)で買物している人にとっては、少々慣れが必要かもしれない。しかし売場を見る限りでは、お客は慣れた手つきで上手に商品をピックアップしていたため、固定客が多いようだ。また、ボックス陳列はゴンドラより高さがないため圧迫感が少なく、開放感のある雰囲気を醸し出していた。

大黒天物産で輸入したPBの「鯖みそ煮」
自社で輸入したPBの「鯖みそ煮」

 商品面では、プライベートブランド(PB)の「D-PRICE」が売場で大きな存在感を放っている。チラシもPBを中心に構成しており、豆腐から水切りネットまで幅広い。バニラアイスの「大黒様のたまご6個」(238円)、「味付け玉こんにゃく480g」(184円)、「子持ちししゃも」(1 パック198円)など品揃えも豊富で、各商品でこだわりを持たせている。DS企業でこれだけ多くのオリジナル商品を持っているチェーンは少ない。

 また、PBの製造体制も注目すべき点の1つだ。他社と同様、メーカー製造の商品ももちろんあるが、自社や傘下企業で製造したり輸入したりする商品も少なくない。自社で開発体制を複数持っていることも、利益の創出に大きく貢献している。

ラ・ムー大安寺店
迫力あるボックス陳列、揚げ物は驚異の47円

ラ・ムー大安寺店
ラ・ムー大安寺店
●所在地: 岡山県岡山市北区野殿東町1-55
●改装オープン日: 2021年3月26日
●売場面積: 約580坪(歩測)
●営業時間: 24時間
●駐車台数: 約250台

 ここからは各業態を個別に見ていく。まずは主力フォーマットの「ラ・ムー」だ。

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media