“ロピア化”するスーパーバリュー 越谷エリアで至近の2店舗が見せる連携と棲み分けとは

取材・文:矢野清嗣
Pocket

ロピア(神奈川県/髙木勇輔代表)は2022年末、埼玉県8店舗目となる「ロピア越谷大里店」(以下、越谷大里店:埼玉県越谷市)を開店した。レギュラー店の位置づけと見られる同店だが、注目したいのは昨年ロピアグループに入ったスーパーバリュー(埼玉県/岸本圭司社長)の店舗が至近にあるという点だ。ロピアの進出は同エリアの競争にどのような影響をおよぼしているのか。グループ企業間の連携、シナジーはあるのか。2店舗を調査した。(調査日:1月14、15、18日)※本文中の価格はすべて本体価格

ロピア越谷大里店
コーナン2階にオープン!生鮮に特化する標準店

ロピア越谷大里

 ロピアが昨年12月にオープンした越谷大里店は、東武スカイツリーライン「大袋」駅から直線距離で約900mの場所にある。

 同店がある埼玉県越谷市は首都圏のベッドタウンとして発展してきた経緯があり、人口は約34万人と県内で5番目に多い。越谷市北部に位置する大袋地区の人口は約5万人と市内13地区の中で最大で、世帯数は2万3000を超える。同地区の競合店としては後述する「スーパーバリュー越谷店(以下、SV越谷店)」のほかに、「業務スーパーせんげん台店」「ジャパンミート卸売市場越谷店」などがあるものの、いずれも1㎞近く離れている。

 店舗はホームセンター「コーナン越谷大里店」の2階部分に入る。売場面積は約570坪(歩測)でレギュラー店の位置づけとみられ、青果、総菜、精肉が一直線に並ぶ、ロピアではおなじみの「生鮮ゾーン」を採用。正面から見て奥側の鮮魚売場を合わせた生鮮食品の売場スペース構成比は約40%に上り、ロピアが生鮮に特化したチェーンであることを再認識させられる。

 要部門の売場を見ていこう。入口は催事コーナーで、特売商品が並ぶスペースを越えた先に青果売場がある。青果の売場面積は約70坪(歩測)で、壁面沿いに日替わりの目玉商品のほか、リンゴやメロンを配置。正面から見て左壁面は冷蔵ケース18尺にキャベツ(1玉100円)、大根(1本100円)、白菜(1/2カット100円)、もやし(1袋200g24円)など売れ筋を値ごろ感のある価格で提供する。平台を挟んで対面の冷蔵ケース48尺では、葉物や薬味などを並べている。

 平台は幅約20尺5台の展開で、調査日は最前面で「長崎県産ゆめのか」、「栃木県産とちおとめ」(各1パック395円、3パック895円)、「福岡県産博多あまおう」(1 パック480円)など旬のイチゴを大きくアピールしていた。購入頻度の高い売れ筋商品の価格訴求が徹底された、ロピアらしい売場という印象だ。

ロピア越谷大里の店内レイアウト

大型サイネージで活気を演出!

ロピア越谷大里の総菜売場で販売されていた揚げたエビとチリソースがセットになった「これが本場の乾焼蝦仁(エビチリ)」
総菜売場では冷凍のミールキットをラインアップしていた。写真は揚げたエビとチリソースがセットになった「これが本場の乾焼蝦仁(エビチリ)」(899円)

 続く総菜売場は、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態