日常の取り込みと個店経営……第二創業で目指す「無印良品」売上3兆円への青写真とは

2021/11/01 05:55
ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

無印良品を運営する良品計画(東京都/堂前宣夫社長)は、2021年8月期(2020年9月1日~2021年8月31日)の連結業績を発表した。営業収益は4536億円(対前期比13%増)、営業利益は424億円(同154.8%増)、経常利益は453億円(同163.7%増)だった。堅調な国内事業に加え、海外事業の収益改善が進み増収増益を達成。親会社株主に帰属する当期純利益は、339億円で過去最高益となった(良品計画の20年8月期は6ヶ月変則決算、そのため記載の前期比数字は、過去の連結期間を組み替えた参考値)。

無印良品 (公式サイト画像)

食品がけん引し、売上増を達成

 コロナ禍で小売各社明暗が分かれる結果となっているが、同社は無難に乗り切ったといえそうだ。2030年8月期までに売上高3兆円を掲げている同社。コロナ禍が脅威だとしても、大きくつまずいてはいられない。

 セグメント別でみると、レトルトカレーやバウムなどの食品が対前期比41.8%増で大幅に増加。衣料・雑貨、生活雑貨が横ばいの中、売上増をけん引した。海外事業は、東アジア事業、西南アジア・オセアニア事業が増収増益で、芳しくない欧米事業も赤字を縮小した。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media