アークス21年2月期決算、過去最高売上高を記録 来期はコロナ禍ひと段落で減収減益の見通し

2021/05/13 04:58
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 若狭靖代
Pocket

アークス(北海道/横山清社長)は4月20日、2021年2月期決算説明会を実施した。4月14日には栃木県内を中心にスーパーマーケット(SM)を展開するオータニ(大谷章社長)を完全子会社化するなど、動きのあったアークス。その21年決算の内容はどのようなものか。

食品スーパー アークスの外観

過去最高売上高を記録、大幅な増収増益

 アークスの21年2月期連結決算は、売上高が対前期比7.3%増の5569億4000万円と過去最高を記録。営業利益は177億4000万円(同46.4%増)、経常利益は195億円(同41.9%増)で、こちらも過去最高益を達成、大幅な増収増益となった。また、純利益は129億6000万円(同88.7%増)で、過去2番目の水準となっている。

 増収増益の要因としては、コロナ特需や巣ごもり・内食需要の増加が挙げられる。四半期ごとに見ていくと、コロナの影響が最も大きかった第1四半期の売上高伸長率が対前年同期比111.5%と最も高く、第2四半期では同108.4%、第3四半期では同106.0%とやや落ち着きを見せつつも、最終的に第4四半期でも同103.4%と増収を維持した。

 主要6社(ラルズ、ユニバース、ベルジョイス、福原、道北アークス、東光ストア)の業績も大幅な増収増益だった。6社合計で約266億円の増収および約45億円の増益となった。

 出店状況に関しては、道北アークス(北海道/六車亮社長)が20年5月に「スーパーチェーンふじ」の3店舗を閉店した一方、6月には「スーパーアークス豊岡3条」(北海道旭川市)を新規出店。また、11月にラルズ(北海道/猫宮一久社長)が「スーパーアークス東稲穂店」(北海道札幌市)を、伊藤チェーン(宮城県/伊藤吉一社長)が「イトーチェーンゆりあげ食彩館」(宮城県名取市)をオープンするなどし、結果として期末のグループ総店舗数は344店舗(北海道220店舗、青森県38店舗、岩手県68店舗、秋田県1店舗、宮城県17店舗)となった。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media