コロナ禍で波乱の予感?! 上場コンビニ売上ランキング2020!

2020/07/06 05:45
森田俊一(流通ジャーナリスト)

コンビニエンスストア業界はファミリーマート(東京都)とサークルKサンクスの統合したことにより、ランキング3位だったファミリーマートが2位に浮上し、2位だったローソンが3位に後退して以降、ランキングに動きがない“無風状態”だった。ただ、2020年度に入ってからは、新型コロナウイルスの感染拡大により、各社は甚大な影響を受けており、先行きが見通せない状況が続いている。上場コンビニチェーンの売上ランキングから業界情勢を見ていく。

セブンイレブン

ランキング1位は不動のセブン

 日本フランチャイズチェーン協会によると2019年の全国コンビニ既存店売上高は前年比0.4%増の103421億円で、ここ数年は一ケタ成長、あるいは横ばい状態が続く、比較的安定した状態にあった。

 『ダイヤモンド・チェーンストア』編集部が作成した、上場コンビニのチェーン全店売上高をランキングにしたのが上の図表だ。トップは不動のセブンイレブン・ジャパン(東京都:以下、セブンイレブン)で、20202月期のチェーン全店売上高は対前期比2.3%増の5102億円。これまでと比較すると伸び率は低くなっているものの、安定成長を続けているといっていい。

 2位は2016年に当時業界4位だったサークルKサンクスと経営統合し、3位から2位に浮上。以降は、業界2位のポジションを堅持しているファミリーマートだ。202月期のチェーン全店売上高は、同06%減の29965億円だった。

 3位のローソン(東京都)の20202月期のチェーン全店売上高は同3.4%減の25069億円と増収を果たしている。4位以降は、ミニストップ(千葉県)、スリーエフ(神奈川県)、ポプラ(広島県)と続く。ミニストップの20202月期のチェーン全店売上高は3140億円。3位のローソンと比較すると、2兆円以上の開きがある。コンビニ業界は、上位3チェーンが市場の9割以上を占める「超寡占化状態」が続いている。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media