時短営業、フロアシート、アクリル板設置…… アメリカとイギリスの小売業の新型コロナウイルス対策

2020/06/01 05:55
松岡由希子(フリーランスライター)

欧米で新型コロナウイルス感染症の感染拡大が広がるなか、地域医療を支え、地域住民の健康づくりに寄与するドラッグストア(DgS)企業などでは、ソーシャルディスタンシング(社会的距離戦略)などの感染予防策によって来店客と従業員の安全を確保しながら、その責務を果たし続けている。米英小売業の新型コロナウイルス感染症対策をレポートする。

ウォルグリーンの薬局でソーシャルディスタンスを保って待機している来店客
ウォルグリーンの薬局でソーシャルディスタンスを保って待機している来店客

ウォルグリーンは営業時間短縮で清掃、消毒、商品補充

 米国では、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)が、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、食品スーパーやDgSで食料品や日用品、医薬品を買物する際、6フィート(約1.8m)以上のソーシャルディスタンス(社会的距離)を互いに保つよう国民に呼びかけるとともに、この距離が確保できない場合は、マスクなどで口や鼻を覆うことを推奨している。

 米DgS大手のウォルグリーン(Walgreens)は、来店客と従業員の安全確保および従業員の健康管理の観点から、20203月以降、新型コロナウイルスの感染拡大防止策を講じてきた。

 ソーシャルディスタンスを確保する取り組みとして、全店舗で、レジと薬局カウンターから6フィートの距離にフロアシールを貼り、さらに6フィートごとに利用者の待機位置を明示。レジと薬局カウンターには、新型コロナウイルスの飛沫感染を予防するアクリル板の設置を進めている。

 店舗の衛生管理も強化している。全店舗で、従業員や来店客に手指消毒剤を提供するほか、定期清掃の頻度を増やす。加えて清掃サービス業者による専門の清掃作業を実施。319日以降は、店内の清掃や消毒作業、陳列棚への商品補充のための時間を確保するべく、24時間営業店舗も含め、大多数の店舗で、営業時間を921時までに短縮している。

ウォルグリーンのレジ前の床にはソーシャルディスタンスが明示されている
ウォルグリーンのレジ前の床にはソーシャルディスタンスが明示されている

 ウォルグリーンは、従業員の健康管理の一環として、体温測定など、従業員の健康チェックを実施しているほか、全従業員を対象に、ストレスや不安の軽減に役立つモバイルアプリ「サンヴェロ(Sanvello)」を導入した。4月以降は、店舗スタッフ、薬剤師、物流センターの作業員にマスクを支給している。

 322日には、新型コロナウイルスへの感染リスクにさらされながら奮闘する時間給従業員に対して一時金を支給することを発表した。フルタイムの従業員に300ドル(32270円:1ドル=108円で換算)、パートタイムの従業員には150ドル(16135円)が支払われる。

 新型コロナウイルス感染症への感染が確認されたウォルグリーンの従業員には、有給休暇を取得する必要なく、最長2週間の欠勤に対して賃金10割が支払われる。2週間経過後も職場復帰できない場合は、アメリカ障害者法(ADA)に基づく一時的労働不能休暇を通じて追加の手当も得られる。また、ウォルグリーンの店舗やオフィス、物流センターが強制隔離の対象エリアとなった場合、ここに勤務する従業員は、有給休暇を取得する必要なく、強制隔離期間の欠勤に対して賃金10割が支払われることになっている。

 

1 2 3

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media