しまむら、相談役の藤原氏が取締役に復帰、同社中興の祖

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

しまむらの看板
カジュアル衣料品専門店のしまむらは4月27日、相談役の藤原秀次郎氏(79歳)が5月15日開催予定の株主総会を経て取締役に復帰する人事を内定した。

 カジュアル衣料品専門店のしまむらは4月27日、相談役の藤原秀次郎氏(79歳)が5月15日開催予定の株主総会を経て取締役に復帰する人事を内定した。藤原氏は1988年から2005年まで代表権のある専務、社長、会長を歴任し、同社を大きく発展させた中興の祖。11年に取締役を退任しており、9年ぶりの復帰となる。

 会長の北島常好氏(61歳)は、取締役を辞任する。北島氏は18年2月に社長に就任したが、今年2月に鈴木誠氏(54歳)に社長の座を譲り、代表権のない取締役となっていた。

 しまむらの業績は、20年2月期まで3期連続で減収減益となるなど、ここ数年低迷している。藤原氏は豊富な経験と知見を生かして、若い鈴木社長をサポートする。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media