アマゾン、宅配ロッカーをファミマなどに設置、年内に200ヵ所の受け取り拠点

2019/09/19 11:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

アマゾン宅配ロッカー
独自の宅配ロッカーを設置し、商品の受け取り方法を増やす

 アマゾンジャパンは9月18日、商品の受取拠点「アマゾンハブ(Amazon Hub)」を年内に東京都と神奈川県の約200ヵ所に設置すると発表した。2020年以降は全国に拡大する。

 アマゾンハブは、宅配ロッカー「アマゾンハブ・ロッカー」と店舗のスタッフが荷物を渡す「アマゾンハブ・カウンター」の2種類がある。いずれも利用料はかからない。アマゾンで商品を注文する際に、希望のロッカーやカウンターを指定する。商品の保管期間はロッカーが3日間、カウンターが14日間。

 ロッカーは、ファミリーマートや小田急電鉄の駅、食品スーパー「富士シティオ」などに設置する。ロッカーへの配達が完了すると利用者に通知メールが送信され、メールに記載されているバーコードをロッカーで読み取ると商品を受け取ることができる。

 カウンターとしては、ecbo(東京都渋谷区)が運営する宅配便受け取りサービス「エクボピックアップ」に加盟するカフェや美容室など、りらく(大阪市)が運営するマッサージ店「りらくる」などが受け渡し拠点となる。

アマゾン宅配ロッカー
通知メールに記載されたバーコードを読み取らせるとロッカーを開錠できる

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media