一気に進んだ欧州小売のECシフト総まとめ アルディ、リドルも動く!

2020/09/30 05:50
文=松岡由希子(フリーランスライター)

食のECシフト680

新型コロナウイルス感染拡大を受け、欧州諸国でもEC強化に乗り出す食品小売業が増えている。日本と同様、欧州でも食品をECで購入する動きが広がっており、コロナ禍が顕在化して以降、小売各社のEC売上高は軒並み大幅に伸びている。急激な需要拡大に各社はどう対応しているのか。コロナ禍における、欧州大手小売の「食EC」に関する取り組みを見ていく。

欧州最大のEC市場英国テスコが受注キャパ増強中

テスコの従業員
ECの受注キャパシティ拡充のため新規雇用をすすめるテスコ

 食品ECの需要が拡大する欧州。調査会社IGDでは、その市場規模が2023年までに対18年比66%増の470億ユーロ(約5兆9300億円:1ユーロ=125円で換算)に達すると予測している。

 そのなかで最も規模が大きいのが英国だ。19年時点の市場規模は116億ポンド(約1兆6400億円:1ポンド=140円で換算)。そこから年平均成長率7.5%のペースで成長して24年には167億ポンド(約2兆3700億円)に達し、食品小売全体の7.7%を占めるとみられている。

 英国の食品EC市場の33.5%を占める英国スーパーマーケット(SM)最大手テスコ(Tesco)では、20年3月以降、コロナウイルス感染拡大に伴ってECの需要が急増。20年度第1四半期のEC売上高は対前年同期比48.5%増の約5億ポンド(約700億円)と、売上高全体の16%超を占める規模となっている。

 需要拡大を受け、テスコは受注キャパシティの増強を急いでいる。19年度時点で週当たり60万件程度であった受注キャパシティを20年度第1四半期末までに130万件まで倍増させた。20年3月以降、正規社員4000人を雇用したのに続き、8月には、ピッキング担当者1万人、ドライバー3000人を含め、正規社員1万6000人を新規採用する計画を発表している。

 また、物流体制の拡充にも着手しており、20年7月、イングランド中部ウェスト・ブロムウィッチの大型店「エクストラ」で初の都市型フルフィルメントセンター(UFC)が稼働を開始したほか、同様の物流施設を英国内25カ所以上に開設する計画だ。テスコでは、BOPIS(Buy OnlinePick-up In Store:店舗受け取りサービス)の対応も進めており、利用者の約25%がオンラインで注文した商品を店舗で受け取っている。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media