世界の二大ネットスーパープラットフォーム、オートストアとオカドの勢力図と訴訟のゆくえ

リテイルライター:太田美和子
Pocket

流通相関図大

本特集の「初登場、EC・ネットスーパー軸で読み解く流通相関図2022!」では日本のネットスーパーを中心としたプレーヤーと陣営について概観しているが、本稿ではグローバル規模で大きな陣営をつくり、しのぎを削っている二大ネットスーパープラットフォーム、オートストア(AutoStore)とオカド(Ocado)について解説する。世界各国で協業企業を増やし、堅調に事業を拡大させている両社の動向は、ネットスーパーの今後にどう影響するか──。

MFCへの導入増えるオートストア

 世界の2020年のネットスーパー市場規模は調査会社のインダストリー・リサーチによると約5.2兆円で、27年までに約24.4兆円まで伸びるとされている。そうしたなか、世界のネットスーパープラットフォームを二分する勢力が、ノルウェー本社のオートストアが提供する「オートストア」と、英国のオカドの「オカド・スマート・プラットフォーム(OSP)」だ。いずれもECのフルフィルメント・センター(FC)の高度な自動化に活用できる仕組みである。

 「オートストア」は主に高処理能力の物流倉庫とマイクロ・フルフィルメント・センター(MFC)に導入され、小売業や製造業など多様な業種・業態で用いられている。箱型のロボットが格子状のグリッドの上を動き回りながら商品を自動でピッキングするのが特徴だ。ここ数年、MFCへ「オートストア」を採用する事例が急増しており、現在、45の国々で合計3万7000台のロボットが倉庫やMFCで稼働している。

 20年10月、米国リージョナル・スーパーマーケット(SM)のHEBが

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media