欧州小売相関図2022 ヨーロッパの食品小売が続々テックスタートアップとの提携を急ぐ理由

フリーランスライター:松岡由希子
Pocket

流通相関図大

コロナ禍で市場環境や生活者のライフスタイルが大きく変化するなか、欧州小売市場では海外事業を整理するなど既存の事業モデルを再構築する動きがみられる。その一方、需要が急増しているネットスーパーを強化すべく、スタートアップ各社との協業も活発化するなど、事業環境の変化に素早く対応しようとしている各社の動きが見て取れる。

●イギリス
モリソンズが米投資会社に買収

 英国では、いわゆる「ビッグ4」に名を連ねる食品スーパー(SM)大手が相次いで投資ファンドに買収されている。2021年2月には米ウォルマート(Walmart)がアズダ(Asda)の過半数の株式を英投資会社TDRキャピタルと英コンビニエンスストア(CVS)であるEGグループ(EG Group)の創業者イッサ兄弟に売却した。また、モリソンズ(Morrisons)は21年10月、米投資ファンドのクレイトン・ダビリアー&ライス(Clayton, Dubilier & Rice)に70億ポンド(1兆850億円:1ポンド=155円で換算)で買収された。

 EGグループの傘下に入った

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media