「IT・デジタル」軸で読み解く、加速する小売業の再編、提携

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

流通相関図大

 小売業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性が高まるなか、コロナ禍で、自社やグループ内でのDX推進や、IT・デジタル関連企業との提携が加速している。

 カインズ(埼玉県)は21年5月、日本最大級のリアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank」を運営するunerry(東京都)と資本業務提携を結んだ。unerryが実店舗内外における消費者の行動をAI解析し、カインズがそれらのデータを元に最適な店舗集客や売場づくり、商品販促に取り組み、顧客体験の向上をめざす。

デジタルトランスフォーメーション
小売業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性が高まるなか、コロナ禍で、自社やグループ内でのDX推進や、IT・デジタル関連企業との提携が加速している。(i-stock/Olivier Le Moal)

 イオン(千葉県)グループは、

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media