米アマゾンが10万人雇用へ、新型コロナでネット注文急増

2020/03/17 14:40
ロイター

米アマゾン
3月16日、米インターネット通販大手アマゾン・ドット・コムは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ネット注文が急増していることを背景に、米国の倉庫と配送センターで10万人を雇用すると発表した。写真はマンハッタンで2016年1月撮影(2020年 ロイター/Mike Segar)

[16日 ロイター] – 米インターネット通販大手アマゾン・ドット・コムは16日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ネット注文が急増していることを背景に、米国の倉庫と配送センターで10万人を雇用すると発表した。

米スーパーマーケットチェーン大手アルバートソンズ、クローガーとレイリーズも新規雇用を行う方針。クローガー、米小売り最大手ウォルマートと米会員制倉庫型ストアのコストコの生鮮品部門には、生活必需品を買いだめする客の長い列ができている。

アマゾンは、米国とカナダ、欧州で従業員の時給を引き上げるために3億5000万ドルを支出する方針も示した。現在の時給に米国とカ

ナダでは2ドル、英国では2ポンド、欧州連合(EU)域内では約2

ユーロ、それぞれ上乗せする。

米国の配送センターの現在の時給は、場所によって異なるが15ドル程度。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media