[ハンズマン]18年6月期は減収減益を予想

 ハンズマンの2018年6月期の業績は、期首の予想から約12億円マイナスの313億円となりそうだ。前年同期比からは約8億円の減収。

 17年6月期は熊本地震からの復興需要で売上が大きく伸びたことから、今期はその反動を見込んでいたが、当初の予想を上回る反動減となったことに加え、7月から10月にかけて度重なる台風の襲来を受けたこと、12月から2月にかけては気温の低い日が続くなど気象条件も影響した。

 なお、営業利益は21.1億円(前年実績22.8億円)、経常利益は23.3億円(同25億円)、当期純利益16.9億円(同17.1億円)となりそうだ。