28万SKUをひっさげ、九州のHC「ハンズマン」が大阪進出!最新の売場づくりとは

植芝 千景 (ダイヤモンド・チェーンストア 編集者)
Pocket

九州地方でホームセンター(HC)を展開するハンズマン(宮崎県/大薗誠司社長)が10月9日に「ハンズマン松原店」(大阪府松原市:以下、松原店)をオープンする。ユニークな店づくりで熱烈な支持を集めるハンズマンが九州以外に出店するのは初めて。本稿では松原店の詳細と今後の出店計画について解説する。

ハンズマン
写真は九州内のハンズマン店舗

九州で圧倒的な人気を誇るハンズマンが関西進出

 ハンズマンは10月9日、イオンタウン(千葉県)が9月21日に開業するショッピングセンター「イオンタウン松原」内に松原店をオープンする。

 イオンタウンの加藤久誠社長は「ハンズマンのインパクトある店づくりを魅力的に感じており、4年前から出店を打診していた。同社のフォーマットは大阪のお客さまに喜んでいただけると踏んでいる」と話した。

 ハンズマンは宮崎県都城市を本拠地として、九州5県にHCを11店舗展開する。特徴として、まず28万SKUという膨大な品揃えが挙げられる。お客の要望を取り入れた結果、こうした品数になったという。

 次に挙げられるのが「手厚い接客」だ。ハンズマンの従業員は週に2回実技研修を受けており、実際に商品を使うことで、商品の特徴を把握。使用体験で得た実感を接客に生かす。さらにDIY アドバイザー資格取得者を1店舗あたり40名配置することで、細やかな商品案内を実現している。

1 2

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態