ホーム   特集&連載    DRMオンライン・ピックアップ    ダイヤモンド・ホームセンターView Point 
記事タイトルバナー
2017年9月1日

〈塗料〉
自然、天然系をキーワードとした商品がトレンドを集める
店頭での販促にも新たな取り組みが必要

Diamond Home Center

REPORT

Paint

塗料


自然、天然系をキーワードとした商品がトレンドを集める
店頭での販促にも新たな取り組みが必要

塗料カテゴリーでは、主に女性をターゲットにした、自然、天然系といったコンセプトの商品がトレンドとなっている。商品だけではなく、園芸コーナーでの展開など、関連販売などの新しい事例も増えている。各社の新製品を通じて、この秋冬の商品トレンドを読み解きたい。(本誌:石山真紀)

 

アトムサポート


「水性アトム自然カラー」
ナチュラルテイストの新色を発売

 

営業本部 営業2部 部長
鹿山 哲哉氏

タキイ種苗は今秋、リナリアの新しいシリーズ「フィリア」を発売する。一般的なリナリアとは異なり、ボリュームのあるまとまりのよい花の付き方をするのが特徴。すでにホームセンター(HC)各社からの引き合いが増えており、注目商品となっている。

 

 アトムサポートが3年前に発売した「水性アトム自然カラー」は植物原料でつくられた環境や体に優しい安全性の高い塗料だ。 紫外線による木材の劣化防止効果があり耐久性にも優れているので、室内だけでなく屋外での使用にも適している。

 

食品衛生法・がん具の基準に適合した高い安全性を持つ水性タイプの自然塗料「水性アトム自然カラー」。新色のナチュラルテイストの7色を加えた計15色で展開する

 また、「水性アトム自然カラー」は食品衛生法のがん具の基準に適合しており、防虫剤・木材防腐剤不使用のため、小さな子どもやペットがいる家庭でも安心して使うことができる。

 

 用途としてウッドデッキやラティス(木製フェンス)、ガーデニング用品といった屋外用品に加え、木製のタンスやテーブル、木製のおもちゃにも使用できる。色むらや塗りつぎムラが出にくく、乾燥が速いため1日で2回塗りが可能なので、DIY初心者にも扱いやすい塗料となっている。

 

 「水性アトム自然カラー」は発売以来、「ミディアムブラウン」、「オールナット」といった、木目を生かした茶系カラーのアイテムを中心に品揃えしていたが、女性ユーザーを中心に、ブラウン系と共に、「ナチュラルホワイト」の売上も伸びていることがわかった。

 

 また「水性アトム自然カラー」は200ml、0.7L、1.6Lの3つの容量で展開しているが、200ml、0.7Lの小容量のアイテムの動きがよいこともわかった。

 

 そこで同社では「水性アトム自然カラー」の新色に関するアンケートを実施し、上位に挙がったナチュラル系の新色アイテムを8月に追加発売することにした。

 

 新色として発売されるのは「グラスグリーン」、「オーガニックベージュ」等の7色。近年人気のある落ち着いたナチュラルテイストのカラーが多く、家具などの大物だけでなくアクセサリーケースや化粧箱などの小物での使用にも期待できる。

 

 近年では「DIY女子」という言葉にも代表されるように、女性のユーザーも増えてきている。同社では小さな子どもやペットのいる家庭でも安心して使える、安全性の高い「水性アトム自然カラー」を訴求していきたいとしている。「JAPAN DIY HOMECENTER SHOW2017」の会場では、人気作家によるワークショップも実演予定だ。

 

 また、同社では販売促進の一環として、動画の商品説明にも力を入れている。いままでは取扱説明書のような内容だったが、今後は、初めて使う人でもなじみやすくわかりやすいよう、完成イメージが伝わりやすい、思わず使ってみたくなるような内容に一新していく。店頭用としてタブレット等で動画を流すほか、動画にアクセスできるQRコードをPOPに付けるなど、新たな方法で「水性アトム自然カラー」のブランド認知に努めていきたいとしている。

 

DRM online 関連記事

Special topics