ボストンで3000人超雇用!アマゾンがコロナ禍でもオフィス拠点を積極拡大している事情

「ニューズフロント」記者 小久保重信
Pocket

月刊アマゾン

ボストンの技術開発拠点で3000人超採用

 米アマゾン( A m a z o n .com)は2021年1月26日、米東部マサチューセッツ州ボストンの技術開発拠点を拡大し、今後数年で3000人超の従業員を新規雇用すると明らかにした。言語工学やソフトウエア開発、機械学習分野の技術者や、人事、経理などのオフィス職の採用を進める。

 AIアシスタント「アレクサ」やクラウドサービスの「アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)」などの部門で人材を確保、成長分野の技術開発を加速させるねらいだ。それに合わせて、同社は新たに、約6万㎡(東京ドーム1.3個分)の17階建てオフィスビルの賃借契約も結んでいる。

 アマゾンは18年にも、ボストンで2000人を雇用すると発表していた。現在、総面積約4万㎡(東京ドームほぼ1個分)の17階建てビルを建設中で、21年内に完成する予定。ボストンの技術開発拠点では、すでに約3700人を雇用している。

シアトル近郊やニューヨークでも大規模採用

 ボストンでの雇用計画は、アマゾンの大規模事業拡大計画の一環だ。20年9月には、本社のあるワシントン州シアトル近郊のベルビュー市でも1万人を新規採用すると明らかにした。これに伴い42階建てのオフィスビルと3棟のビルが立つ商業地区を賃借する。こちらのオフィス空間は約18万6000㎡(東京ドーム約4個分)となる見込みだ。

 また、20年8月に

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media