米アマゾン、レジなし小型スーパー「ゴー・グロサリー」の2号店をオープン

2020/09/11 10:30
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

米アマゾン、レジなし小型スーパー「ゴー・グロサリ」のイメージ
2号店はワシントン州レドモンドに約1200平方メートルの規模でオープンした

 米アマゾン・ドットコムは9月9日、ワシントン州レドモンドにレジなし小型スーパー「アマゾン・ゴー・グロサリー(Amazon Go Grocery)」の2号店を出店した。ゴー・グロサリーの1号店は2月25日、ワシントン州シアトルのアマゾン本社近くにオープンしている。

 レドモンドはシアトルの東部にあり、マイクロソフトの本社がある都市として知られる。米メディアの報道によると、ゴー・グロサリー2号店の店舗面積は約1200平方メートル。1号店の約970平方メートルに比べて、ひと回り大きい。

 ゴー・グロサリーは、レジなしコンビニエンスストア「アマゾン・ゴー」と同じようにスマートフォンアプリの認証によって入店を管理し、利用客は商品を手に取って店を出た時点で支払いが自動的に完了する。

 アマゾン・ゴーでは食品と飲料を中心に販売するが、ゴー・グロサリーでは青果や精肉などの生鮮食品、アルコール類、日用品、ペットフードなども取り扱う。

 アマゾンは9月に入り、カリフォルニア州ロサンゼルス近郊のウッドランドヒルズに初の本格的な食品スーパー業態「アマゾン・フレッシュ」の1号店をオープンした。アマゾン・フレッシュ1号店の店舗面積は約3250平方メートルで、通常の食品スーパーと同じようにレジを設置している。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media