アマゾンとジェフ・ベゾスが気候変動対策に巨額の資金を投入する理由

2021/02/02 05:50
「ニューズフロント」記者 小久保重信

月刊アマゾン

40年までにCO₂排出実質ゼロに

 米アマゾン( A m a z o n .com)は2020年12月9日、同社が主導する気候変動対策の取り組みに米マイクロソフトなど13社が参画したと明らかにした。同12月2日には配車サービス大手の米ウーバーテクノロジーズなどの運輸関連企業5社も加わっており、参画企業はアマゾンも含め計31社になった。各社は事業活動からの二酸化炭素(CO₂)排出を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」の活動に取り組んでいく。

 アマゾンは19年9月、気候変動対策に関する公約「クライメート・プレッジ」を発表。国際的な枠組み「パリ協定」の目標年よりも10年早い40年までにカーボンニュートラルを達成すると宣言している。これには、食品・日用品大手ユニリーバや、欧州の飲料大手コカ・コーラ・ヨーロピアン・パートナーズ、米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズ、ドイツ自動車大手ダイムラーの乗用車部門メルセデス・ベンツなどが名を連ねている。

 アマゾンが出資する米電気自動車(EV)メーカーのリビアン・オートモーティブも参加しており、20年10月にはリビアンが製造したアマゾン初の配送用カスタムEVを公開した。同車両を22年に1万台、30年までに10万台導入する計画だ。

気候変動対策に力を入れる背景

 20年6月アマゾンは、

続きを読むには…

この記事は、有料会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+有料会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media