丸久、トライアル式のレジカートシステム導入!コロナ禍の”買物革新”は地方部で活況

2020/07/10 05:55
雪元史章(ダイヤモンドチェーンストア副編集長)

リテールパートナーズ(山口県)傘下で食品スーパーを展開する丸久(同)が、トライアルホールディングス(福岡県:以下、トライアル)の子会社Retail AI(東京都)開発のレジ機能付きショッピングカートの導入実験を開始した。店舗での人手不足の深刻化や、新型コロナウイルス感染拡大に伴い”非接触ニーズ”が高まるなか、地方の食品スーパーでも最新デジタル技術を介した新しい買物スタイルが広がろうとしている。

北九州市内の既存店で実証実験を開始 

アルク到津店
丸久がレジカートシステムの実証実験を行う「アルク到津店」(福岡県北九州市)

 丸久が今回導入実験を開始したのは、レジ機能付きの「スマートショッピングカート」。カートにはタブレット端末とスキャナーが備え付けられており、お客は自ら商品をスキャンして買物かごに入れ、最後は専用レーンを通過することで精算が完了する仕組みだ。タブレット端末上では関連商品の提案やクーポンの発行なども行われる。トライアルが運営する店舗ではすでに20店舗で導入されており、計約2500台が稼働している。

到津店ではカートを40台を導入し、3カ月間利用動向を分析する
到津店ではカートを40台を導入し、3カ月間利用動向を分析する

 丸久はこのスマートショッピングカートを「レジカートシステム」の名称で、福岡県北九州市の「アルク到津(いとうず)店」に40台導入。7月9日から3カ月間の実証実験期間を設けて利用動向を分析しながら、その後もトライアルとともに運用改善を行っていく予定だ。加えて、北九州市内に今後オープン予定の新店ではレジカートシステムを全面導入する計画だという。

 なお、レジカートシステムにおける決済方法については、トライアルグループの店舗では同社のプリペイドカードを使用するが、丸久では同社の電子マネー「マルカカード」に対応する。

レジカートシステムについてはこちらも参照→田川店最速レポート トライアルの最新スマートストアは何がスゴイのか? 年明け「重量センサー付レジカート」登場へ

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media