田川店最速レポート トライアルの最新スマートストアは何がスゴイのか? 年明け「重量センサー付レジカート」登場へ

2019/11/27 16:15
小野貴之(ダイヤモンド・チェーンストア編集部)

11月27日、トライアルカンパニー(福岡県/石橋亮太社長:以下、トライアル)が福岡県田川市に「スーパーセンタートライアル田川店」をオープンした。AIカメラやデジタルサイネージ、タブレット付きのレジカートといった最新のデジタル技術を導入した「スマートストア」を展開する同社。最新スマートストアの田川店はどのような店なのか――。

トライアル
11月27日にリニューアルオープンした「スーパーセンタートライアル田川店」

スマートストアは全部で16店舗に!

 小売業界の関係者に「注目している小売企業は」と問えば、トライアルの名前を挙げる人は少なくないだろう。

 理由はもちろん、同社が展開する「スマートストア」の取り組みだ。スマートストアとは、AIやIoTといったデジタル技術を活用して省力化、高効率化を図る店舗を指す。

 トライアルは2018年2月の「スーパーセンタートライアルアイランドシティ店」(福岡県福岡市:店舗面積1200坪)の出店を皮切りに、続々と新規出店および既存店改装でスマートストアの展開を拡大している。

 主力の店舗面積1000~1500坪タイプの店舗だけでなく、18年12月には夜間無人営業を実現した小型店業態の「トライアルQuick大野城店」(福岡県大野城市:店舗面積約300坪)を、19年4月には食品、衣料・家電・住居関連品などをフルラインで揃えた大型店「メガセンタートライアル新宮店」(福岡県新宮町:店舗面積約3600坪)を出店。11月27日現在、同社のスマートストアの店舗数は16にまで増えている。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media