ファーストリテ、日仏ロボットベンチャーと提携 倉庫の自動化推進

2019/11/13 15:22
ロイター

ファーストリテイリングロゴ
11月13日、ファーストリテイリングは日本とフランスのロボットベンチャー2社とパートナーシップを締結したと発表した。商品種類が豊富なアパレル商品でのピッキングロボットを開発し、全世界の倉庫への導入を図るなど、さらなる倉庫の自動化を進める。写真は同社のロゴマーク。都内の本社で2016年10月撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-Hoon/File Photo)

[東京 13日 ロイター] – ファーストリテイリングは13日、日本とフランスのロボットベンチャー2社とパートナーシップを締結したと発表した。商品種類が豊富なアパレル商品でのピッキングロボットを開発し、全世界の倉庫への導入を図るなど、さらなる倉庫の自動化を進める。

提携したのは、日本のロボットコントローラーメーカーのMUJIN(東京都江東区)とフランスのロボットスタートアップのExotec Solutions。

グループ上席執行役員の神保拓也氏は、リリースの中で「倉庫の自動化と、グローバルでの変革を強化することで、さらなるサプライチェーンの強化を目指す」と述べた。

現在、18年10月にパートナーシップを締結したダイフクと国内2拠点、海外2拠点、MUJINとは海外1拠点、Exotec Solutionsとも海外1拠点の倉庫自動化に着手しており、今後も取り組みを拡大していく方針。また、先端技術を有する企業との提携や人材採用も積極的に進めていく。

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media