ヤフーと三越伊勢丹、AIを使って商品開発、9月からECサイトで販売

2019/07/29 09:43
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

arm in arm 女性向けのロングスカート
「Yahoo!検索」の検索キーワードなどから子育て中の女性の悩みを解析した

 ヤフーと三越伊勢丹は人工知能(AI)によるビッグデータ解析に基づいて女性向けのロングスカートを開発した。三越伊勢丹のEC(インターネット通販)サイト「arm in arm」で9月下旬から発売する。

 arm in armは20〜30代の女性をターゲットとした三越伊勢丹のオリジナルブランドで、ファッションリーダーや消費者の声を取り入れた商品を取り揃える。今回は、「Yahoo!検索」の検索キーワードや「Yahoo!知恵袋」の書き込みなどのビッグデータをAIで解析。子育て中の女性の服装に関するトレンドや悩みを抽出した。その結果、小柄な女性はロングスカートへの関心が高い一方、自転車の利用や抱っこひもとの合わせ方などに悩んでいることが分かったという。こうした情報を基に子育て中の女性との座談会も行い、新商品の開発につなげた。

 開発したロングスカートは、自宅で洗える素材を採用、抱っこひもと合わせやすいようポケットの高さを調整するなどした。

 ヤフーは10月から、企業間ビッグデータ連携による事業者向けサービス「DATA FOREST(データフォレスト)」の提供を始める予定で、今回の三越伊勢丹との取り組みは実証実験として行った。

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media