PayPayが肝心要!ヤフー・LINEが「Tポイント外し」で挑む今後の成長戦略とは

棚橋 慶次
Pocket

Zホールディングス(東京都/川邊健太郎社長Co-CEO)が4月28日に発表した2022年3月期連結決算(IFRS)は、売上収益が1兆5674億円(対前前期比30.0 %増/前期から3615億円増)、営業利益が1895億円(同16.9 %増/同273億円増)、調整後EBITDA※が3314億円(同12.4%増/同366億円増)と増収増益での着地となった。
※同社が営業利益に替えて最も重視する指標。営業利益に減価償却費などを加減算して弾き出す

コマース事業が大幅増収!

 2022年3月期連結決算で増収増益を果たしたZホールディングス。LINE(東京都/出澤剛社長)との経営統合影響のほか、ヤフー(東京都/小澤隆生社長)の広告収入の2ケタ成長が増収につながり、売上収益は過去最高を更新。調整後EBITDAは増収効果が増益につながり、こちらも過去最高を記録した。

 セグメント別状況は、以下のとおり。なお本稿では、ショッピングやリユース、アスクルを含む「コマース事業」と、決済や金融、AIなどからなる「戦略事業」に重点を置いて見ていきたい。

 コマース事業の売上収益は、同8.7%/同648億円増と大幅に増加した。物販、サービス、デジタルを含め「全社e コマース取扱高」は同10.9%増の3兆5788 億円と、2ケタの伸びを示した。

 ちなみにコマース事業は、以下の5つのeコマース関連サービスで構成される。

  1. ショッピング: ZOZOTOWN・Yahoo!ショッピング・ASKUL・PayPayモール・LINEショッピング・LOHACOなどモール系サイト
  2. リユース:ヤフオク!・PayPayフリマ・ZOZOUSEDなどのオークション・フリマ系サイト
  3. アスクル単体 BtoB:ASKUL・SOLOEL・ARENAなどビジネス向けサイト
  4. サービス:Yahoo!トラベル・一休トラベルなど
  5. その他:Yahoo!プレミアム(会員向けサービス)など

 増収にはLINE統合が寄与したほか、「ヤフオク!」「PayPayフリマ」といったリユース事業も伸長。さらに22年1月に立ち上げた食品・日用品の即配サービス「Yahoo!マート」も、出前館(東京都/藤井英雄社長)、アスクル(東京都/吉岡晃社長CEO)、ヤフーとグループ3社の既存ノウハウ(グループアセット)を活用し、好調に推移している。

 一方で、調整後EBITDAは同13.7%減/同207億円減と落ち込んだ。売上・シェア拡大や新サービス育成に向けた先行投資が利益面に影響を及ぼしている。

PayPay急拡大も、今後も投資フェーズ継続か

 戦略事業の売上収益は同32.9%/同287億円増と大幅に増加した。

 PayPayカード・PayPay銀行・LINE証券などの決済・金融関連サービスが中心となる同事業の中で、とくに注目されるのが「PayPay」だ。「PayPayカード」「PayPay銀行」ももちろん伸びているが、伸長著しいのはやはりモバイル決済サービスの「PayPay」だ。18年度に831億円だった取扱高は、わずか3年で60倍以上の5兆4436億円にまで急拡大した。

 一方で、調整後EBITDAは128億円の赤字に終わっている。決済サービスはまだまだ育成途上で、今後もしばらくは成長投資が先行するものと思われる。

 そのほか、「メディア・広告」「検索」などの事業からなるメディア事業の売上収益は、同74.3%増、同2726億円増と大幅に増加した。LINE経営統合に伴う増収効果のほか、広告需要が戻ってきたことなどが寄与した。調整後EBITDAも増収効果により、同63.7%増/同1035億円増と高い伸びとなっている。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media