リーボック販売権取得でブランド事業加速のロコンド マッキンゼー出身社長の次の一手は?

2023/11/30 05:59
堀尾大悟
Pocket

大手ファッションECモール「LOCONDO.jp(以下「ロコンド」)」。パンプスやスニーカーなど靴に特化したECサイトとして2010年にサービスを開始し、現在ではさまざまなアイテムを揃える総合ECモールとして約80万人のアクティブユーザーに支持されている。

ロコンドを運営するジェイドグループ(東京都/田中裕輔社長)では、実はアパレルブランド向けに物流・ITプラットフォームを提供する事業も展開しており、BtoCBtoBが連携したユニークなビジネスモデルを構築している。さらに、近年ではブランド事業にも進出するなど、アパレル業界で存在感を高めている。そのユニークな戦略と今後の事業展開について、代表取締役社長の田中裕輔氏に聞いた。

リーボックの国内事業権を獲得

リーボック渋谷店
リーボック渋谷店

 2022年11月、ロコンドを運営するジェイドグループと伊藤忠商事のジョイントベンチャー「Reebok Japan (RBKJ)」が、独アディダス社から「Reebok(リーボック)」の日本事業ライセンスを承継したニュースは、アパレル業界やスポーツ業界で話題となった。

 近年ではナイキ、アディダスなどグローバルブランドの後塵を拝していた印象が強いリーボックだが、フィットネス分野での強いブランドイメージや「ポンプフューリー」などの独自機能を生かして、「メゾン マルジェラ」をはじめとするコラボスニーカーを続々とリリース。復調を印象づけている。

 創業期からの基幹事業であるECモール事業が売上の約8割を占めるジェイドグループだが、近年ではこういったブランド運営や商品開発にも自ら乗り出している。2020年に企画した人気ユーチューバー・ヒカル氏のアパレルブランド「ReZARD」とのコラボスニーカーは、サーバーが一時ダウンするほど注文が殺到し、約1週間で6億円を売り上げた。

 目下、自社でライセンスを持つブランドはリーボックとアパレルブランドの「MANGO」の2つだが、「これからもブランドを増やしていく可能性は十分にある」と代表取締役社長の田中裕輔氏は積極的な姿勢を見せる。

 このリーボック効果も後押しし、202310月に発表されたジェイドグループの20242月期・第2四半期決算は、GMV(取扱高)が昨対比30.9%の140.7億円、営業利益が同95.8%の8.0億円と大幅に伸長した。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態