「Yahoo!マート」の本格展開を開始、食品・日用品を最短15分で配達

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

アスクルの倉庫から注文の商品を取り出す「Yahoo!マート」のスタッフ
アスクルが取り扱う約1500種類の商品を、出前館の配達員が自転車やバイクで届ける

 Zホールディングス(HD)は1月26日、食品や日用品を最短15分で配達するサービス「Yahoo!マート by ASKUL」の本格展開を始めた。ZHD傘下のアスクルの商品を、同じく同社傘下の出前館の配達員が届ける。

 注文を受けてから数十分で商品を届ける即配サービスは、欧米ではクイックコマースと呼ばれる。ZHDグループでは2021年7月末からクイックコマースの試験サービスを「PayPayダイレクト by ASKUL」の名称で開始。現在、東京都内に8カ所の配達専用店舗(ダークストア)を展開している。

 本格展開にあたってサービス名称をYahoo!マート by ASKULに変更した。ダークストアでは、アスクルが取り扱う食品・日用品を中心に約1500種類の商品を在庫。出前館のアプリまたはウェブサイトで注文を受けると、出前館の配達員がダークストアで商品を受け取り、自転車やバイクで商品を届ける。

 試験サービス期間中の21年10月から12月の2カ月間で、月間注文数が10倍に増加するなど利用者から好評だったため、本格展開することを決めた。ダークストアの数は22年度中に数十店舗に増やす。都内23区全エリアをカバーするほか、他のエリアへも拡大する。23年度以降もさらにエリアを広げる。

 出前館の配達員にとっては、料理宅配の注文が少ない時間帯に食品・日用品の配達を行うことで、収入を安定化させることが期待できる。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media