アスクル、EVトラックで配送実験、日野自動車と共同で

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

アスクルが導入する日野の電気自動車(EV)トラック
日野の小型EVトラック2台を用いて、効率的な車両運行と充電管理・エネルギー利用の最適化について検証する

 アスクルと日野自動車は1月19日、日野の電気自動車(EV)トラックを用いた配送の実証実験を始めた。効率的な車両運行と充電管理・エネルギー利用の最適化について実験を通じて確認する。

 アスクルの「新木場物流センター」(東京都江東区)において、小型EVトラック「日野デュトロ Z EV」2台を使って配送実験を行う。実験には、日野と関西電力の合弁会社であるCUBE-LINX(キューブリンクス)も参加し、EVを効率的に稼働させるための配車・充電計画、電池残量に応じた配送ルートの最適化などを検証する。実証期間は5月末までを予定する。

 アスクルは2016年、事業の全領域で二酸化炭素排出量をゼロにする「2030年 CO2ゼロチャレンジ」を宣言、17年には国際的イニシアティブである「EV100」に加盟した。EV100はラストワンマイルの配送車両を30年までにすべてバッテリーEV(BEV)にすることを目標に掲げており、アクスルは現在21台のEVを配送車両として導入している。

 EV100には、世界各国から121社が加盟。日本企業ではイオンモールや高島屋もメンバーとなっている。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media