上期で過去最高業績を更新したアスクル ロハコの黒字化に向けた戦略は?

松尾 友幸 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
Pocket

法人向けオフィス用品の通販サービスや一般向けECサイト「LOHACO(ロハコ)」を展開するアスクル(東京都/吉岡晃社長)が20235月期上期決算を発表した。売上高と営業利益では過去最高を達成した同社は今後どのような戦略を描いているのか――。

BtoC事業」で8億円の利益改善

 アスクルの235月期上期連結決算は、売上高2202億円(対前年同期比5.4%増)、営業利益67億円(同0.7%増)、経常利益67億円(同0.1%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益44億円(同1.4%減)だった。経常利益、純利益は微減だったものの、売上高と営業利益では過去最高を更新した。

 事業別の業績を見ると、主力の「BtoB事業」では、売上高1814億円(同7.0%増)、営業利益75億円(同9.2%減)の増収減益だった。売上高では、アスクルが今期最大のミッションに掲げる「成長カーブを変える」を実現。カテゴリー別の売上高では「生活用品」や「MRO」などが売上の牽引役となり、いずれも2ケタの伸びを示した。営業利益は固定費の増加などにより減益となったが、1箱当たりの売上単価向上に伴う物流費比率低減などにより、計画を上回る実績を達成した。

アスクルの吉岡晃社長
アスクルの吉岡晃社長

 ロハコを中心とする「BtoC事業」では、売上高340億円(同2.1%減)、営業損益6億円だった。海外需要の減少とキャンペーン変更などの影響により減収だったが、利益面では収益構造が大幅に改善し、限界利益率は直近の2211月で目標としていた2ケタに到達し、赤字幅を前年同期から8億円縮めることができた。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media