「LOHACOが乗っ取られる!」ヤフーと対立のアスクル、会見で岩田彰一郎社長が語った”すべて”

2019/07/18 20:32
『ダイヤモンド・チェーンストア』編集部 松尾友幸

718日、オフィス用品の通信販売事業を展開しているアスクル(東京都/岩田彰一郎社長)は、前日から報じられていた、親会社のIT大手ヤフー(東京都/川邊健太郎社長)と対立している件について記者会見を開いた。ヤフーはアスクルと共同で運営している通販事業「LOHACO(ロハコ)」の譲渡を要求したが、アスクルが拒否したため、ヤフー側は岩田彰一郎社長の退任を求めるなどの強硬手段に出る構えを見せている。会見には岩田社長自ら登壇し、現在の心境を語った。

アスクルの岩田彰一郎社長
アスクルの岩田彰一郎社長

関係は良好だったのになぜ?
「すべてが不可解」と驚きを露わに

 ヤフーとアスクルは2012年4月に業務・資本提携を締結し、同年10月にLOHACO事業を開始した。その後15年5月、ヤフーはアスクルへの出資比率を約45%に引き上げている。岩田社長は「ヤフーとは宮坂学前社長のもと良好な関係を築けており、提携によるシナジー効果もあった。しかし、社長が交代したり、ソフトバンク傘下に入ったりするなど(ヤフー側の)環境が変わったことで、関係性が少しずつ変化してきた」と説明する。

 両社の関係に陰りが見え始めたのは、19年1月のことだった。ヤフーはLOHACO事業の譲渡と、譲渡が可能な場合の条件についての検討を要請。アスクルは独立役員会、取締役会の審議を経て、ヤフーへ譲渡しないことを決定、通告した。その後ヤフーから再度の検討依頼はなかったが、6月27日、ヤフーの川邊社長がアスクル本社に来訪。岩田社長に退陣を求めたという。「突然のことだった。すべてが不可解だ」と、岩田社長は驚きと怒りを込めて話した。

 ヤフーは8月2日に開かれるアスクルの株主総会で、岩田社長の再任に反対することを表明している。また、ヤフーに続く第2位の株主でもあるオフィス用品メーカーのプラス(東京都/今泉公二社長)も、ヤフーの方針に賛同している。ヤフーとプラスの保有株式を合計すると議決権の過半数を超えるため、現状では岩田社長の退任は避けられない情勢だ。

 岩田社長は、「LOHACO事業はまだ収益性に課題があるが、ビッグデータの活用で多くのメーカーが商品開発やプロモーションを行っており、今後の成長が期待できる事業だ。(プラスの)今泉社長はLOHACO事業の赤字(2019年5月期の累積赤字は約90億円)を憂慮し、ヤフーに譲渡することでアスクルの負担を軽減でき、それが時価総額の向上につながるのではないかと考えていた」と、アスクルの設立会社でもあるプラスとの考え方の違いを明らかにした。

 アスクルはヤフー側の要求を拒否。経営思想の違いや、イコールパートナーシップ(両社の対等な関係)精神の喪失などから、ヤフーとの関係修復は困難だと判断し、7月12日に業務・資本提携の解消を申し入れた。

次ページは
経営の独立性が脅かされている

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media