【ダイエー】スマホアプリを使った健康管理サービス、神戸の店舗で試験導入

2019/03/25 00:00

 ダイエーはスマートフォン(スマホ)アプリを使った健康管理サービスを試験導入する。スタートアップ企業のシルタス(東京都港区)が開発したアプリ「SIRU+(シルタス)」を活用する。

 

 利用者はスマホに「シルタス」をダウンロードしたうえで、家族構成などの情報と「WAON POINT カード」の会員番号を入力する。レジで精算する際に同カードを提示すると、購入した食材の栄養素が自動的に同アプリに登録され、偏っている栄養素や不足している栄養素を把握できる。アプリはPOSデータと連動しており、過去1カ月の対象店舗における買い物履歴が自動的に反映される。

 

 また、利用者は同アプリで健康的な暮らしに最適な料理のレシピを見ることもできる。

 

 3月29日から同アプリがダウンロードできるようになり、先着3000人が「ダイエー神戸三宮店」「グルメシティ本山店」など神戸市内の13店舗で利用できる。サービスは6月末まで試行する。

 

 同アプリは、スタートアップの新技術による市民サービス向上を目指す神戸市の実証事業「アーバン・イノベーション神戸プラスP」の第1号認定事業に採択された。

 

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media