UDリテール、アピタ四日市の2階に「ドン・キホーテ」

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

「ドン キホーテ アピタ四日市店」の外観
総合スーパーとディスカウントストアのハイブリッド型とし、相互の送客を目指す(写真はプレスリリースより)

 パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス傘下のUDリテールは10月29日、三重県四日市駅前の複合商業施設「トナリエ四日市」に入居している「アピタ四日市」の2階に、「ドン・キホーテ アピタ四日市店」をオープンする。

 トナリエ四日市は、近鉄四日市駅から徒歩3分の場所にあり、飲食店やゲームセンター、映画館などが入居している。アピタ四日市は同施設の1〜3階に入居、総合スーパーとして営業している。

 ドン・キホーテ アピタ四日市店は2階部分に出店、若年層を主要ターゲットとして家電や雑貨、酒・菓子・珍味などを販売する。アピタとドン・キホーテのハイブリッド型店舗とすることで、相互の送客を目指す。

 ドン・キホーテ アピタ四日市店の売り場面積は2979㎡(直営部分)。家電、ドラッグストア、フード、ショップの4つのゾーンで構成され、家電ゾーンではAV、調理、美容健康関連の小物家電を中心に販売する。ドラッグストアゾーンでは、アジアコスメ(化粧品)など学生でも購入可能な低価格のコスメを多く揃える。

 フードゾーンでは、酒と菓子を中心に品揃え。外国籍の住人が多いエリアであるため、ブラジル、ベトナム、中国の酒と輸入菓子を取り扱う「ワールドイーツコーナー」を導入する。ショップゾーンは、若い女性に人気の「サンリオショップ」、サンダルに特化した「さんだる屋」、腕時計の「WATCH MARKET 時計市場」などを展開する。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media