ユニー取り込んだ新・GMSの盟主 ドン・キホーテの「死角」に迫る

2019/12/25 05:54
雪元史章(「ダイヤモンド・チェーンストア」副編集長)

「ドン・キホーテ」を中核事業に成長を続けているパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(東京都/吉田直樹社長:以下、PPIH)。2019年1月には総合スーパー大手のユニー(愛知県/関口憲司社長)を傘下に収め、同社既存店を業態転換した「ダブルネーム店舗」の売上・利益・客数が大きく伸長。その結果、18年度の決算ではグループ売上高はついに1兆円の大台に乗り、国内大手小売業の一角を占める存在となっている。しかしそうした一方で、PPIHはある“危機感”も抱いている――。ドン・キホーテ躍進の理由と、今後の成長を左右する「死角」は何か。

売上高はついに1兆円の大台に

 「経営トップとしてこれ以上ない達成感を得ている。従業員、取引先さまはもちろん、すべての関係の皆様に深く感謝の意を表したい」――。19年8月に開催されたパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(以下、PPIH)の2019年度6月決算発表会見で、大原孝治CEO(当時)は万感の思いを込めてこう語った。

 それもそのはず、196月期の同社の連結売上高は13289億円(対前期比41%増)、営業利益は631億円(同22%増)、純利益は483億円(同32%増)といずれも2ケタ成長で過去最高額を更新、株式上場から23期連続で増収増益を達成したのである。

 さらに、15年に策定した5カ年の中期経営計画「ビジョン2020」で掲げた「売上高1兆円」「店舗数500店」「ROE15%」の達成を、目標としていた20年度から1年前倒しでクリア。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで成長を続けている。

1 2

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media